閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年11月24日 リマ 初谷和則

ペルー:Inmaculada金・銀鉱山、地域住民が侵入し操業に影響

 2022年11月14日付け現地報道によると、Hochschild社のPalma法務担当副社長は、2022年11月11日朝にHuancuteコミュニティの住民がInmaculada金・銀鉱山(Ayacucho州)の操業エリアへ侵入し、ダンプカーへの投石等を行ったことを明らかにした。また、約30~50名の住民が敷地内の複数の場所に留まってトラック走行の妨げになっており、現時点で生産停止には至っていないものの、操業への影響が出ていると報告した。
 さらに、状況悪化により坑口の閉鎖やその他操業設備への影響が及ぶことを懸念していると表明の上、検察その他当局による迅速な対応を要請した。
 本件について鉱業専門家のArenas氏は、Huancuteコミュニティの新顧問であるCastañeda氏の就任後Hochschild社を巡る争議状況が悪化したとコメント、Castañeda氏は現在も(争議が絶えない)Las Bambas銅鉱山所在のApurimac州Cotabambas郡の複数のコミュニティの法務顧問を務める人物であると説明した。

ページトップへ