閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
チタン
2022年12月7日 モスクワ 小松弘希

ウクライナ:UMCC社、米Du Pont子会社とチタン鉱石の直接供給契約を締結

 2022年11月21日付けの報道等によると、ウクライナのチタン鉱石採掘企業であるUnited Mining and Chemical Company(UMCC)社は、米Du Pont社傘下のChemours社との間で、商社等を介することなく、80千tのチタン鉱石を供給する契約を締結した。
 UMCC社は、ロシアによるウクライナ侵攻開始以降もチタン鉱石の採掘を継続しており、商社経由で供給してきたが、物流コスト上昇等の悪影響を受けて採算性は悪く、海外の納入先は調達量を減らしてきた。
 UMMC社は、かつての主要販売先であるロシアから、西側諸国への販売に急速に切り替えたものの、ウクライナの国有財産基金による許可が下りず、現在、ポーランドのSzczecin港とルーマニアのConstanța港において、各20千tのチタン鉱石が滞留している。このためUMCC社は、大統領府、内閣等に解決の働きかけをしている状況である。
 UMCC社は、2014年にGroup DF社にリースされていたチタン鉱山VGOKとIGOKを、政府から移管されて操業を開始した。政府は、2016年から同社の民営化を試みるも、順調に進んでいない。UMCC社はチタン鉱石を採掘し、EU、中国、トルコ、米国、アフリカ諸国を中心に販売している。

ページトップへ