閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年12月16日 リマ 初谷和則

エクアドル:Warintza銅探鉱プロジェクト、Central地区で着鉱し計画ピットが拡張へ

 2022年12月5日付け加Solaris Resources社の発表によると、Warintza銅プロジェクト(Morona Santiago県)におけるWarintza Central地区の探鉱試錐で良好な結果を得た。SLS-67孔では、地表近くから604mの間で銅換算品位:0.51%、そのうち108mの間で銅換算品位:1.20%となった。北東方へのステップアウトのため最近造成された試錐座からのSLS-65孔では、地表近くから286mの間で銅換算品位:0.55%となった。その他の試錐でも高い銅品位が確認された。
 Warintza Central地区の初期計画ピットは銅換算品位:0.82%、180百万t(概測)、銅換算品位:0.73%、107百万t(予測)の資源量を計上したが、上記の試錐の結果を踏まえると、ピットが北東方に拡張し、資源量が拡大することが見込まれる。

ページトップへ