閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2023年1月19日 リマ 初谷和則

ペルー:鉱業石油エネルギー協会、違法鉱業の深刻化に懸念表明

 2023年1月16日付け現地報道によると、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のJacob会長は、2022年以降ペルーにおける違法鉱業問題は深刻化したと表明、その理由として複数の組織や政府機関による推進が行われたことを指摘、結果的に数多くの争議が発生したとコメントした。また納税せず、(鉱産物は密輸されることから)国の外貨獲得に繋がらず、人権や環境に深刻な被害をもたらす違法鉱業はペルーにとって大きな弊害であるとの考えを示した。
 また、過去25年間ペルーでは2~3件/年のペースで鉱業・電力プロジェクトの建設が行われていたとコメント、2022年はQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua)の建設が終了したがこれに続く鉱業プロジェクト建設が存在していないとし、現時点で鉱業・電力セクターのいずれにも建設中の大規模案件が不在であることは遺憾だとしてプロジェクト促進の必要性を説いた。

ページトップへ