閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2023年2月16日 モスクワ 小松弘希

ロシア:地質調査と採掘の双方を一元的に可能とする地下資源法の改正案が国会に提出

 2023年1月19日付けの報道等によると、政党「公正ロシア」の議員が、地下資源法改正案を提出した。内容は地下資源利用権の再発行要件の変更とされている。
 現状、資源探査と評価を含む地質調査カテゴリーの地下資源利用権においては、探査のための採掘や、評価のために得られた試料の処理によって得られた金属の販売は不可能となっている。これらの金属は処分あるいは、不法に売買されていると見られる。
 地質調査と採掘の両方が可能になる複合的な地下資源利用権として再発行すれば、この問題は回避できる。このため、地下資源利用権の発行時と異なる状況が発生した場合に再発行できることが、改正案に盛り込まれた。
 現在、制裁によりロシア産鉱物資源の需要減少や、サプライチェーンの混乱に関する問題が多発しており、対応策の準備が急がれている。

ページトップへ