閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2023年6月15日 リマ 初谷和則

コロンビア:鉱山会社6社、治安問題で国内での活動を停止

 2023年6月3日付け現地報道によると、高い税負担と法規制における明確なルールの欠如により投資の不確実性が増大した上、治安上の問題により、加Agnico Eagle社、豪Fortescue Metals社、加Barrick Gold社、英Royal Road Minerals社、加Iamgold社、英Touchstone Gold社が鉱山活動を停止した。今後、いくつかの鉱山は閉山する可能性もある。
 コロンビア鉱業協会のJuan Camilo Nariño会長は、4社が探査作業を中止し、状況が変わらない場合はコロンビアから撤退することを検討する決定を下したことを明らかにした。これらの会社はAntioquia、Caldas、Cauca、Nariño、Huila、Putumayo各県で金と銅の生産を行っていたが、活動を停止し、これにより35~50mUS$の投資が失われたと述べた。
 弁護士事務所Holland & KnightのパートナーInés Elvira Vesga氏は「その上、この業界は財務及び経営レベルで政府の政策による影響を受けている。提案されている新鉱業法、露天掘りの禁止、鉱業権授与の停止、鉱業権のない鉱山の保護、ライセンス取得に必要な新たな環境要件などに不安が高まっている。」と説明した。

ページトップへ