閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2023年7月11日 シドニー Whatmore康子

豪:連邦政府、大手企業に気候変動に関するリスクや目標などを財務報告で開示することを義務付ける規則を導入する協議書を発表

 2023年6月27日付けのメディアによると、豪連邦政府は、大手企業に対して気候変動に関するリスクや目標を財務報告で開示することを義務付ける規則を導入する協議書を発表した。同協議書は、2024/25年度及び2025/26年度において従業員数が500名以上、年度末資産額が1bA$以上、年度売上高が500mA$以上のうちいずれか2つを満たす企業を対象に、温室効果ガス(GHG)排出量など気候変動に関する当該企業のリスクや目標などを財務報告で開示することを義務付ける規則を、豪州の財務報告基準に導入する。同政府は、同協議書で「財務報告書で開示すべき」と提案する事項に関しては、国際会計基準審議会(IASB)の策定する、気候変動に関する企業情報の開示基準「国際財務報告基準(IFRS)S2号」との整合を考慮している。同政府は、同協議書に対する一般意見を2023年7月21日まで募集している。

ページトップへ