閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
貴金属
2023年8月7日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:PT Amman Mineral Nusa Tenggara、銅輸出許可を取得

 2023年7月4日付け現地メディアによると、PT Amman Mineral Nusa Tenggara(AMNT)は、貿易省から2023年7月24日から2024年5月31日までの、銅精鉱900千tの輸出許可を新たに取得した。親会社であるPT Amman Mineral International(AMMN)が、2023年7月24日に発表した。
 銅精鉱の輸出は、2023年6月10日以降、2020年に改正した鉱物石炭鉱業法により禁止となったが、条件付きで一部の企業に輸出を認められることとなった。
 PT AMNTは、西Nusa Tengara州にあるBatu Hijau銅鉱山を操業しており、2024年5月の完成を目指して銅製錬所を建設中である。
 他方、インドネシア財務省は、未加工鉱物の輸出関税に関する新たな財務大臣例(2023年第71号)を公布した。この中で、輸出関税が、製錬所プロジェクトの進捗状況に応じて5~15%の範囲で課されることになっている。PT AMNTの製錬所建設は現在58.18%であり、10%の輸出関税が課されることになるという。
 PT AMMNは、2023年7月7日にインドネシア証券取引所(IDX)に新規株式上場(IPO)した。IPOによる収益は、製錬所の建設や濃縮装置プラントの能力増強及び貴金属精錬所を含む拡張プロジェクト等に充てられた。また、コンバインドサイクルガス発電所を建設している。

ページトップへ