閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
バナジウム
2023年8月9日 ロンドン 平田哲人

フィンランド:Neometals社、バナジウム回収プロジェクトのFIDを延期

 2023年6月30日付けのプレスリリースによると、豪Neometals社は、フィンランドPoriで計画中のバナジウム回収プロジェクト(VRP1)の最終投資決定(FID)期限を2023年6月から同年9月末まで延長した。同プロジェクトは、ScandinaviaにおいてスウェーデンSSAB社による鉄鋼生産副産物の高品位バナジウム含有スラグからの五酸化バナジウムを回収するプロジェクトであり、JVパートナーであるRecycling Industries Scandinavia AB(RISAB)が推進している。
 RISABは現在、北欧の主要投資銀行であるSEB(Skandinaviska Enskilda Banken AB)とAventumパートナーズと協力し資金調達プロセスを進めている。欧州投資銀行(EIB)と関心のある銀行群が主導するデューディリジェンスによりプロジェクトファイナンスは順調に進展しており、北欧及び国際投資家からエクイティ・ファイナンスに対する強い関心を集めているとしている。なお、VPR1のFSでは、300千t/年の処理能力設計に基づく五酸化バナジウム生産量は8,980千kg/年と推定され、CAPEXは、314.4m$、OPEXは9,237US$/tが見込まれる。

ページトップへ