閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2023年10月5日 バンクーバー 武市知子

加:豪Vital Metals社、建設中のSK州レアアース抽出施設を保有していたカナダ子会社の倒産を発表

 2023年9月29日付けのプレスリリースによると、豪Vital Metals社は戦略的レビューの結果、SK州レアアース抽出施設を保有していたカナダの子会社Vital Metals Canada(以下、VMC社)社を、カナダの破産・倒産法(BIA)に基づき破産させることを決定した。これにより同社が操業するNT準州Nechalachoレアアース鉱山を保護し、また同鉱山のTardiff鉱床の開発を進めるという。加MNP Saskatoon社がVMC社の破産管財人に任命された。MNP社はVMC社の資産を清算して、その資金を債権者に分配する。Nechalachoレアアース鉱山を操業しているVital Metals社の子会社Cheetah Resources社は、VMC社の倒産の影響を受けないという。
 Nechalachoレアアース鉱山のNorth Tゾーンで生産されるレアアース精鉱を処理するため、2021年にSK州レアアース抽出施設の建設が開始され、2024年下半期の完成を予定していた。その間は中間製品の販売による収益確保を目指していたが、商業的に見合う条件での中間製品の販売先を確保できなかったという。そのため2023年4月より、同レアアース抽出施設の建設作業を全て一時停止していた。(2023年4月24日付 ニュース・フラッシュ:豪Vital Metals社、SK州レアアース抽出施設の建設作業を全て一時停止することを発表参照)
 Vital Metals社はオフテイク契約を締結しているノルウェーREEtec社とは交渉が頓挫したことから、同社はREETec社に対して契約の解除を通告した。これにより、2023年12月26日をもって契約が終了することになる。だがREEtec社はVital Metals社のレビュー内容に同意していないことから契約解除が有効とは考えておらず、仲裁を含む権利を保有している。

ページトップへ