閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2023年10月18日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:中Yongqing Technology社、2030年までSQM社が生産するバッテリーグレードの炭酸リチウムを優遇価格で入手できる権利を獲得

 2023年10月16日、チリ産業開発公社(CORFO)は、2022年8月から公募を開始した国内のリチウム付加価値製品開発プロジェクトに関する入札の結果、同年4月に権利を獲得したBYD Chile SPA社(2023年4月24日付 ニュース・フラッシュ:BYD Chile SPA社、2030年までSQMが生産するバッテリーグレードの炭酸リチウムを優遇価格で入手できる権利を獲得参照)に続き、中国青山集団(Tsinghan)の子会社であるYongqing Technology社(永青科技股份有限公司)にSQM社の生産物のうち炭酸リチウム11,244tを優遇価格で入手できる権利を付与したと発表した。これに伴いYongqing Technology社は、チリ北部に233mUS$を投資し、LFP正極材(LiFePO4)工場の建設を検討しているという。同工場は、LFP正極材を120千t/年生産する計画であり、2025年5月から稼働予定とされている。また、同プロジェクトでは668名の雇用創出が見込まれており、そのうち90%が地元住民だという。
 なお、CORFOが実施している国内のリチウム付加価値製品開発プロジェクトに関する入札の参加資格申請の受付期間は、2023年12月31日を締切とし、優遇価格で利用できるリチウム製品がなくなるまで続ける。現在入札対象として残っているSQM社のリチウム製品は、水酸化リチウム4,200t/年である。

ページトップへ