閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2023年10月20日 ロンドン 南川亜美

その他:ILZSGの亜鉛需給予測、2024年は367千tの供給過剰

 2023年10月5~6日、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)がポルトガルLisbonで開催され、亜鉛の2023年及び2024年需給予測について協議が行われた。その結果、亜鉛の需給バランスについて、2024年は367千tの供給過剰と予測した。
 供給面では、亜鉛鉱石生産量は、2023年は対前年比0.1%増の12.43百万、2024年は同3.9%増の12.91百万tと予測した。豪州及びロシア連邦での大幅な増加が予測増加の主要因であるほか、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、中国及びメキシコにて生産増が見込まれる。一方、ポルトガルでは11万t/年のAljustrel鉱山操業停止のほか、アイルランド、米国でも減少が見込まれている。
 亜鉛地金生産量は、2023年対前年比3.7%増となり、2024年は同3.3%増の14.30百万tと予測した。主に、中国において2023年と2024年にそれぞれ6.7%と4.1%と大幅な増加が見込まれるほか、豪州、及びOdda製錬所の拡張工事が2023年下半期に完了する予定のノルウェーにおいても増加が見込まれる。
 需要面では、亜鉛地金の消費量は、2023年1.1%増の13.59百万tとなり、2024年は2.5%増の13.93百万tと予測した。中国では2023年3%増、2024年は1.2%の増加が見込まれるほか、欧州、インド、日本、韓国、米国、及びベトナムでも増加の見込みとなっている。

ページトップへ