閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2023年12月18日 シドニー Whatmore康子

豪:Rio Tinto、Wright Prospecting社と共同保有するWA州Rhodes Ridge鉄鉱石プロジェクトがPFSの段階へと進捗

 2023年12月5日付けの同社メディアリリースによると、Rio Tintoと非上場企業の豪Wright Prospecting社が権益比率各50%で保有するWA州Rhodes Ridge鉄鉱石プロジェクトにおいて、2022年11月に開始した事前調査(Order of Magnitude Study)を完了し、PFSの段階に進んだ。Rio Tintoは同プロジェクトにおいて、同PFSに110mA$を投じて2025年にこの調査を完了させ、その後、FSの段階に移る予定であり、2024~2028年にはこれらの調査の一環として、400mA$以上を投じた探鉱を行うとしている。Rio Tintoは、同プロジェクトでは初生産を2030年までに行うことを目指しており、初期の生産能力が最大40百万t/年となると予測している。

ページトップへ