閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2024年1月22日 リマ 初谷和則

ボリビア:YLBと中国コンソーシアムCBC(CATL BRUNP & CMOC)、リチウム直接抽出パイロットプラント設置の協定を締結

 2024年1月17日付け炭化水素エネルギー省及びボリビアリチウム公社(YLB)の発表によると、YLBと中国コンソーシアムCBC(CATL BRUNP & CMOC)は、炭酸リチウム2,500t/年の生産能力を有するリチウム直接抽出(DLE)パイロットプラントの設置に関する協定を締結した。
 Arce大統領は「CBCコンソーシアムは世界のリチウム産業をリードするハイテク企業3社が集結したものである」と本協定の重要性を強調し、「これは工業化に向けて講じられた一歩であり、今後も電池のほか、科学技術がもたらす全ての製品の生産へと前進を続ける」と述べた。
 YLBのCalderón総裁は、この協定の目的は、DLEを利用したパイロットプラントを設置し試験を行い、炭酸リチウム25千t/年の生産能力を持つ将来のプラントを計画することであると説明した。
 本協定の有効期間は2年間で、その間にCBCはUyuni塩湖(Potosí県)のYLB工業コンプレックス近くにパイロットプラントを設置するとともに産業プラント建設を計画する。投資額は90mUS$を予定している。

ページトップへ