閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2024年1月30日 サンティアゴ 兵土大輔

ブラジル:加Ero Copper社、Tucumã銅プロジェクトの85%を完了、2024年の生産開始を見込む

 2024年1月16日付け地元メディアは、加Ero Copper社が開発を進めるTucumã銅プロジェクト(Pará州)において、2024年後半に銅精鉱の生産を開始すると報じた。マインライフは12年間と見込まれており、326千tの銅を生産するとみられている。工事は予定より約10%早く85%が完了し、既に試運転を開始しており、2024年第1四半期末までに完了するという。現在までに試運転に約3,200tの硫化鉱が鉱山のストックパイルに入れられており、2025年までに銅の連結生産量は100千tを超えるという。建設費用は2023年第4四半期の米ドルに対するブラジルレアル高の影響を反映し、305mUS$から310mUS$に上方修正されている。

ページトップへ