閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2024年3月6日 ロンドン 平田哲人

その他:ICMM、責任ある鉱業基準の簡素化に向けた取り組みを発表

 2024年2月7日付けのメディア情報によると、国際鉱業金属評議会(ICMM)は、責任ある鉱業基準を世界共通の単一の枠組みに統合する計画を明らかにしたと報じられた。ICMMのRohitesh Dhawan会長は、業界基準を満たすという共通の責任を強調し、国内規制を上回る自主的な慣行に対する組織のコミットメントを強調した。具体的には、ICMM、World Gold Council、Copper Mark、カナダ鉱業協会の基準を統合し、責任ある鉱業のための統合された世界基準にまとめ、統一された保証プロセスを構築し、明確なトレーサビリティとマルチステークホルダー・ガバナンス・システムを通じた独立性を確保することを目的とする。統合された基準を採用することで、単にすでに責任のある企業を改善することではなく、大規模な地球規模の影響を目指すものとしている。

ページトップへ