閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
2024年5月15日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州政府、クリティカルミネラル再生・選鉱事業共有施設「CMAP」建設計画に200mA$を豪連邦政府と折半支出する計画

 2024年5月9日の地元メディアによると、WA州政府は、WA州鉱物資源研究所(MRIWA)の主導するクリティカルミネラルの再生・選鉱事業共有施設「Critical Minerals Advanced Processing Common-User Facility(CMAP)」の建設画に、200mA$を豪連邦政府と折半にて支出する案件を進めている。WA政府は、このほど発表した2024/25年度予算案で、同計画に今後4年間で合計100mA$を支出するとしており、MRIWAによると同計画には豪連邦政府も100mA$を支出する見通しである。MRIWAは、CMAPが鉱山の廃滓や廃棄物の再生、選鉱や高純度金属の精錬などに焦点を当てた施設である。

ページトップへ