閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ:Lomas Bayas銅鉱山、254mUS$の拡張工事を計画

 2022年1月25日付け地元メディアは、GlencoreがLomas Bayas銅鉱山(Antofagasta州)の拡張工事に係る環境承認の書類を当局へ提出したと報じた。同拡張工事の投資額は254mUS$で、ピットの地表面及び深部への拡張等を行うことでマインライフを13年延長できる。また拡張後の銅生産量は、80千t/・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:BHP、Spence銅鉱山で自律型掘削リグを導入

 2022年1月25日付けでBHPは、より安全かつ競争力のある、持続可能な操業を目的とした自動化プロジェクトの一環として、Spence銅鉱山に自律型掘削リグを5機導入したと発表した。この自律型掘削リグは、同鉱山ピットから約2km離れた制御室で遠隔操作される。これにより、労働者は安全衛生上のリスクが軽減される。
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:Boric次期大統領、次期鉱業大臣及びエネルギー大臣を発表

 2022年1月21日付け地元メディアは、Boric次期大統領がMarcela Hemando氏を次期鉱業大臣に、またClaudio Huepe氏を次期エネルギー大臣にそれぞれ任命したと報じた。
 Marcela氏は外科医であり、2006~2007年にAntofagasta州知事、2008~2012年にAntofag・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:豪Lithium Power International社、Maricunga塩湖プロジェクトのDFS結果を発表

 2022年1月20日付けで豪Lithium Power International社は、Maricunga塩湖プロジェクトのうち、Stage One Development地区(地表下0~400m)のDFS結果を更新した。更新されたDFS結果は、マインライフ:20年以上、平均生産量:15.2千t/年(LCE換算)、I・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:Antofagasta Minerals社、2021年の鉱産物生産量を報告

 2022年1月19日付けでAntofagasta Minerals社は、2021年の銅生産量が721.5千tとなり、対前年比1.7%減少したと報告した。また、2022年の銅生産量見通しは、Centinela銅鉱山の鉱石品位の低下及びLos Pelambres銅鉱山の干ばつの影響による銅生産量の減少により、660~69・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:CODELCO、Andina銅鉱山プラントの鉱石一次破砕及び輸送システムの稼働を開始

 2022年1月19日付けでCODELCOは、2013年9月から建設を開始したAndina銅鉱山プラントの鉱石一次破砕及び輸送システムの稼働を開始すると発表した。現在は試運転段階にあり、2022年2月からランプアップになるという。同システムが導入された理由は、同鉱山拡張に伴うピット設計に変更が生じ、従来の一次破砕及び鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2020年の鉱業部門で働く女性の割合

 2022年1月17日付けでCochilcoは、チリの鉱業部門で働く女性の割合についてまとめたレポートを発表した。同レポートによると、鉱業部門で働く女性の割合は2010年の6%から徐々に増加し、2020年には10.3%(総労働者数は女性人口の46%)、また2030年には13.9%に達する可能性があるという。他国の202・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する落札者を発表

 2022年1月12日付けで鉱業省は、80千tずつ5つに分割した合計400千tのリチウム探査及び生産の特別操業契約(CEOL)に関する入札(2021年10月18日付 ニュース・フラッシュ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札開始参照)の落札者を、中国系BYD Chile SPA社とチリServicio・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2021年の国内探鉱投資、19.5%増加

 2022年1月10日付けでCochilcoが発表したレポートによると、2021年のチリ国内の探鉱投資額は548mUS$、対前年比90mUS$増加(19.5%増)し、世界第5位となった。企業別で見ると、Anglo Americanが探鉱投資額全体の16%、Antofagasta Minerals社が同13%、CODEL・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:CODELCO、2022年第1四半期からMarigunga塩湖でリチウム探査を開始

 2022年1月10日付け地元メディアは、CODELCOが2022年第1四半期からMaricunga塩湖でリチウム探査を開始する予定であると報じた。同探査には、地下水の条件とかん水中のリチウム濃度の調査が含まれるという。CODELCOは、Maricunga塩湖でリチウム探査を開始するにあたり、2021年から様々な許可手・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2021年11月の銅生産量、対前年同月比0.7%減

 Cochilcoが発表した2021年11月の銅生産量は、対前年同月比0.7%減の481.8千tであり、5か月連続で前年同月比を下回った。
 2021年11月における会社別の銅生産量は、Collahuasi銅鉱山は50.7千t(対前年同月比4.9%増)となった一方、CODELCOは144.1千t(同8.2%減)、Es・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札に申請した企業の提案を公表

 2021年12月30日付けで鉱業省は、80千tずつ5つに分割した合計400千tのリチウム探査及び生産の特別操業契約(CEOL)に関する入札(2021年10月18日付 ニュース・フラッシュ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札開始参照)に申請した企業の提案について公表した。本入札には8社が申請、そのう・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ・エクアドル:CODELCO、Llurimagua銅プロジェクトを国際投資紛争解決センターに仲裁申し立て

 2021年12月24日付けCODELCOの発表によると、CODELCOはENAMI EP(エクアドル鉱業公社)と実施するLlurimagua銅プロジェクト(Imbabura県)について、ENAMI EPに対し、CODELCOとの合意を遵守するよう求め、ICSID(国際投資紛争解決センター)に仲裁の申し立てを行った。
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

チリ:新鉱業ロイヤルティ法案、上院議員2名が修正案提出

 2021年12月22日、地元メディアによると、上院議員2名が新鉱業ロイヤルティ法案に関する修正案を提出した。なお、提出された修正案は上院鉱業エネルギー委員会と財務委員会で議論され、再度下院で審議される必要がある。当初、修正案の提出は2021年12月20日までとされていたが、2021年12月22日上院本会議において、2・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Antofagasta Minerals社、2026年までに銅生産量を900千t/年に

 2021年12月14日付け地元メディアは、Antofagasta Minerals社が2026年までに銅生産量を900千t/年に増産する目標を掲げていると報じた。同社は、2020年に銅733.9千tを生産しており、対同年比では約22%増となる。同社によると、この目標を達成するには、2022年末までにCentinela・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2021年10月の銅生産量、対前年同月比3.4%減

 Cochilcoが発表した2021年10月の銅生産量は、対前年同月比3.4%減の440.7千tであり、4か月連続で前年同月を下回った。
 2021年10月における会社別の銅生産量は、Collahuasi銅鉱山は49.5千t(前年同月比14.7%増)となった一方、CODELCOは134.1千t(同11.9%減)、Es・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:CODELCO、総合戦略オペレーションセンター(CIO-E)のフェーズ2の運営を開始

 2021年12月2日付けで、CODELCOはサンティアゴ本社において、総合戦略オペレーションセンター(Centro Integrado de Operaciones-Estratégico(CIO-E))のフェーズ2の運営を開始したと発表した。CIO-Eは、同社が操業する主要な銅鉱山を遠隔操作する総合オペレーションセ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:新鉱業ロイヤルティ法案、上院本会議が継続審議を承認

 2021年11月30日、上院本会議において新鉱業ロイヤルティ法案の採決が行われ、賛成19票、反対16票で法案の審議継続が承認された。今後、上院鉱業エネルギー委員会において修正案の審議が行われる。
 本採決に先立ち、野党議員は法案への賛成を表明し、一方、Juan Carlos Jobet鉱業・エネルギー大臣および与党・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、2022年の銅価格を3.95US$/lbと予想

 2021年11月30日付けでCochilcoは、2021年第3四半期の銅市場レポートを公表し、2022年の銅価格を3.95US$/lbと予想した。
 世界の銅需要は、2021年が対前年比3.2%増の24.486百万t、2022年が対前年比2.3%増の25.047百万tに達すると予想している。一方、世界の銅供給は、2・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

加・チリ:Mantos Copper社とCapstone Mining社が合併へ

 Mantos Copper社とCapstone Mining社は、2021年11月30日付けプレスリリースの中で、Mantos Copper社を存続会社とする吸収合併の最終的な合意に至ったことを発表した。新会社名Capstone Copper社(本社:バンクーバー)としてTSX上場を予定しており、南北米大陸での銅生産・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ