閉じる

ニュース・フラッシュ

ニューカレドニア:多国籍コンソーシアムProny Resources社、Goroニッケル・コバルト鉱山で生産するニッケル地金を数年間で合計42千t供給する合意を米Tesla社と締結

 2021年10月13日付けのメディアによると、多国籍コンソーシアム企業であるProny Resources社は、同社の操業するGoroニッケル・コバルト鉱山において、数年間で合計42千tのニッケル地金を供給する合意を米Tesla社と締結したことを明らかにした。Prony社は、同鉱山のNi生産量を2021年に20千t、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山を多国籍のコンソーシアムに売却

 2021年3月31日付けのメディアによると、伯Valeは、同社が操業するGoroニッケル・コバルト鉱山を、多国籍コンソーシアム企業のProny Resources社に売却したことを明らかにした。Valeは同鉱山の売却額に関しては詳細を明らかにしていないが、その総額は1.1bUS$で、このうちの555mUS$は同鉱山に・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、仏政府の要請を受けてGoroニッケル・コバルト鉱山の売却を延期へ

 2020年12月4日付けのメディアによると、伯Valeは、多国籍コンソーシアムが保有する新企業Prony Resources社と進めていたGoroニッケル・コバルト鉱山の売却プロセスを、仏政府の要請に基づき延期することを明らかにした。仏政府は、Prony社によるGoro鉱山の買収に反対を唱える先住民グループとビデオ会・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山の売却について多国籍コンソーシアムと4週間の独占的な交渉を実施中

 2020年11月5日付けのメディアによると、伯ValeはGoroニッケル・コバルト鉱山の売却に関し、多国籍コンソーシアムが保有する新企業Prony Resources社と4週間の独占的な交渉を行っていることが明らかになった。Prony社は、スイス拠点のコモディティ商社であるTrafigura社が25%、複数投資家が2・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山のニッケル精錬所を2021年に閉鎖することを発表

 2020年10月9日付けのメディアによると、伯Valeは、Goroニッケル・コバルト鉱山のNi精錬所を2021年に閉鎖することを発表した。ValeのLuciano Siani Pires CFOは、同精錬所について、豪New Century社がGoro鉱山の買収提案を2020年9月に取り下げて以来、いまだ買い手が見つ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:ValeのGoroニッケル・コバルト鉱山、ニューカレドニア企業Byms社が買い手候補として新たに浮上

 2020年9月15日付けのメディアによると、伯Valeが操業するGoroニッケル・コバルト鉱山の新たな買い手候補として、ニューカレドニア企業のByms社が浮上していることが明らかになった。Byms社は現在、同鉱山の買収提案書の提出を計画しており、買収に必要な資金は主にカナダで調達するとされているが、その調達先は明らか・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:豪New Century社がGoroニッケル・コバルト鉱山の買収提案を取り下げ、同鉱山は操業休止へ、閉山の可能性も

 2020年9月8日付の地元メディアによると、豪New Century Resources社は、伯Valeがニューカレドニアで操業するGoroニッケル・コバルト鉱山の買収提案を取り下げたことを発表した。New Century社は提案を取り下げた理由について、同社がValeや仏政府などの利害関係者と交渉を行った結果、資金・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社、同社の再建計画に協力する専門識者を指名するよう商事裁判所に要請

 2020年9月4日付けのメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社は、同社の再建計画に関する協議において、同社に協力する専門識者を指名するようニューカレドニアの商事裁判所に要請した。Eramet社はこの要請の詳細については、裁判所の機密事項であるとして明言を避けている。S・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:ニューカレドニア政府、低品位ニッケル鉱石のDSOを承認して鉱業法を改正へ

 2020年8月6日付けのメディアによると、ニューカレドニア政府は低品位ニッケル鉱石のDSO について、大臣11名のうち6名が賛成したことで承認し、鉱業法を改正する予定だ。同国でニッケル鉱山を操業する仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社や伯Valeがロビー活動を行ったとされており、同国・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社、2020暦年上半期に733mUS$の損失を計上し、今後の運営持続に懸念

 2020年8月2日付けのメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社は、2020暦年上半期において733mUS$の損失を計上したことが明らかになった。Eramet社は、2015年と2016年にEramet社とフランス政府が提供した525m€(約600mUS$)の融資枠のうち・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:New Century社によるGoroニッケル・コバルト鉱山の買収プロセスが進展

 2020年7月28日付けの地元メディアによると、豪New Century Resources社は伯Valeがニューカレドニアで操業するGoro ニッケル・コバルト鉱山の買収プロセスにおいて、同鉱山の権益95%に関する買収条件などについて基本条件合意書(Indicative Term Sheet)を締結したことを明らか・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:ValeによるGoroニッケルプロジェクトの売却プロセス、2か月の遅延か

 2020年7月24日付けの地元メディアによると、伯Valeがニューカレドニアで展開するGoroニッケルプロジェクトの売却プロセスが、遅延の危機に直面している。同プロジェクトの売却を巡っては、現在豪New Century Resources社が7月27日の週までの独占交渉権を得て、同プロジェクトの95%の権益取得を目指・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:ニューカレドニア政府が検討中の鉱業法改正が難航、ヌメア協定調印者会議で協議される可能性

 2020年6月17日付けの地元メディアによるとニューカレドニア政府は現在、鉱業法の改正を検討しているが、連立政権内にこの改正への反対派が存在するため、改正案の議会提出が実現できておらず、本件を毎年パリで開催されるヌメア協定調印者会議に議題として提出することを検討中であるとされている。この鉱業法改正提案の背景には、伯V・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山で生産されるサプロライト鉱のDSO販売計画に関するロビー活動を実施中

 2020年6月15日付けのメディアによると、伯ValeはGoroニッケル・コバルト鉱山で生産するNi鉱石をDSO販売する計画について、ニューカレドニア政府に対してロビー活動を進めていることが明らかになった。同地では未処理鉱石を輸出することは鉱業法で禁止されているが、Valeは同社が日本や中国向けに輸出を計画している低・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社、2019暦年の損失額と負債額が90mUS$と75mUS$に膨れ上がる

 2020年6月10日付けの地元メディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社は度重なる従業員ストライキや地元住民による操業妨害などを背景に、2019年暦年においてフェロニッケル生産量が47.4千tと過去34年間で初めて50千tを下回り、90mUS$の損失額と75mUS$の負債・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:社会主義独立派政党Palika党、ValeやSLN社によるニッケル鉱石のDSO販売計画を非難

 2020年5月28日付けのメディアによると、ニューカレドニアの社会主義独立派政党であるParty of Kanak Liberation(Palika)党が、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社や伯Valeがニューカレドニアで生産するニッケル鉱石のDSO販売を計画していることに対して・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:New Century社、Goroニッケル・コバルト鉱山の取得に向け、Valeとの独占交渉を実施

 2020年5月26日付けの地元メディアによると豪New Century Resources社は、ニューカレドニアのGoroニッケル・コバルト鉱山の権益95%を伯Valeから取得すべく、同社と60日間の独占交渉期間に入った。New Century社がGoro鉱山を取得する場合、Valeが同鉱山関連で抱える数億US$規模・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社が操業するKouaouaニッケル鉱山の鉱石運搬ベルトコンベアで2件の放火事件が発生

 2020年5月24日付けのメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社がニューカレドニアの東海岸で操業するKouaouaニッケル鉱山で同月24日、同鉱山からNoumeaのDoniambo製錬所までニッケル鉱石を運搬するベルトコンベアの2か所で放火事件が起きたことが明らかにな・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社、Thioニッケル鉱山の操業を再開

 2020年3月10日付のメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社は3月2日の週から一時停止していたThio Ni鉱山の操業を再開した。操業の一時停止は、Thio鉱山における従業員の度重なる職場封鎖によって、同鉱山からSLN社がニューカレドニアで操業するDoniambo製・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Societe Le Nickel社、Thioニッケル鉱山の操業を度重なる従業員の職場封鎖で一時停止に

 2020年3月6日付のメディアによると、仏Eramet社の子会社Societe Le Nickel(SLN)社はThio Ni鉱山の操業を、度重なる従業員の職場封鎖によって生産に支障が出たため一時停止することを明らかにした。同鉱山では、2020年1月17日よりSLN社の新しい安全対策に基づき設定された労働時間を不服と・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ