閉じる

ニュース・フラッシュ

オランダ:年金基金ABP、サステイナビリティリスクを理由にGlencore株式を売却

 2021年10月15日付けのプレスリリース等によると、オランダの年金基金ABPは、Glencore株式の売却を発表した。ABPは、同社は大きなサステイナビリティリスクに直面しており、短期的にはこれらのリスクを大幅に軽減可能であるとは想定されない、としている。
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

オランダ:保険会社のAnsvarIdéa社、責任ある鉱物調達のイニシアティブFair Cobalt Allianceに加盟

 2021年10月19日付けのメディア情報によると、オランダ拠点の保険会社AnsvarIdéa社が責任ある鉱物調達のためのイニシアティブFair Cobalt Alliance(FCA)に加盟した。コバルト生産のサプライチェーンに直接関与していない企業がFCAに加盟するのはAnsvarIdéa社が初である。
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ベルギー・オランダ・フランス:Nyrstar社、エネルギー価格の高騰により欧州内3製錬所における亜鉛減産を実施

 2021年10月13日付けのプレスリリースによると、ベルギーNyrstar社は、エネルギー価格の高騰により同日から欧州内の3製錬所における生産能力を最大50%削減すると発表した。ここ数週間で電力コストが大幅に上昇し、電力部門が排出する二酸化炭素のコスト負担が産業界や国内顧客に転嫁されていることから、製錬所のフル稼働は・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

オランダ:Budel-Dorplein製錬所、欧州の電力価格高騰を受け亜鉛を減産

 2021年9月26日付けのメディア情報によると、ベルギーNyrstar社は、欧州の電力価格の高騰を受けオランダのBudel-Dorplein完全電化亜鉛製錬所での亜鉛生産を削減したと発表した。「同製錬所では、電力価格が生産の損益分岐点を超えるピーク時間帯においては生産を抑制している。これは、過去1年間にわたる地域の電・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

オランダ:TES社、オランダ・ロッテルダム港とバッテリーリサイクル施設に関する契約に合意

 2021年7月5日付けのプレスリリースによると、シンガポールTES社は、オランダのロッテルダム港に10千m2リチウムバッテリーリサイクル施設用の敷地を確保する契約に合意したと発表した。敷地を隣接地へ拡大し、40千m2以上に拡張するオプション付きである。バッテリーリサイクル施設は2022年後半までにフル稼働する予定であ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

オランダ:Rio Tinto及びHydro社、Aluchemieアノード生産工場の閉鎖を発表

 2021年2月16日付けのプレスリリースによると、Rio TintoとノルウェーHydro社は、オランダのAluchemieアノード(アルミニウム製錬で使用される高品質のカーボンブロック)生産工場を2021年末に閉鎖する予定であると発表した。低い競争力と厳しい市況のため、施設運営継続に必要な継続的な投資が困難となった・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ベルギー、オランダ:LME倉庫の改訂ルール施行を前に倉庫会社がLME指定を解除

 ロンドン金属取引所(LME)の発表によると、Trafigura社(本社:Geneva)の倉庫部門であるImpala Terminals UK社が2014年2月10日、ベルギーのAntwerpの倉庫8棟に関して、LME指定を解除した。また翌11日、Glencore Xstrataの倉庫部門であるPacorini Met・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

オランダ:Moerdijk港初のLME指定倉庫が承認される

 2013年12月16日付のメディア報道によると、Independent Commodities Logistics社(ICL)がオランダのMoerdijk港に有する倉庫がLMEの承認を取得し、2014年3月13日からLME指定倉庫となる予定である。Moerdijk港でのLME倉庫はこれが初となる。搬入出が行われる金属・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ