閉じる

ニュース・フラッシュ

タンザニア:Kabanga硫化ニッケル鉱床の開発に1.3bUS$を要する

 2021年11月19日付けメディアによると、英Kabanga Nickel社CEO のChris Showalt氏は、同社のタンザニアKabanga硫化ニッケル鉱床開発のために1.3bUS$の資金拠出が必要であるとした。鉱山に950mUS$、湿式製錬所に350mUS$を要する。同プロジェクトにおいては、ニッケルカソー・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Nguallaレアアース開発プロジェクト、鉱石処理容量の増強をBFSに盛り込む

 2021年10月28日付け、豪Peak Resources社の発表によると、同社がタンザニアで進め現在BFSを更新中のNguallaレアアース(Nd・Pr)プロジェクトについて、鉱石処理容量を増やす変更をBFSに盛り込む。従前の能力としていた711千t/年から800千t/年とし、Nd・Pr酸化物の年間生産量は3~3.・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Kabangaニッケル鉱床開発プロジェクト、特別採掘ライセンスが発行される

 2021年10月27日付け英Kabanga Nickel社の発表によると、同社のタンザニア現地子会社Tembo Nickel社(タンザニア政府16%、Kabanga Nickel社84%シェア)がKabangaニッケル鉱床の特別採掘ライセンス(30年以上有効)を取得した。タンザニア政府が特別採掘ライセンスを発行するの・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Mahengeグラファイト鉱床開発プロジェクト、採掘ライセンスを取得

 2021年9月3日付け英Armadale Capital社の発表によると、タンザニア南東部に位置するMahenge Lianduグラファイト鉱床の採掘ライセンスを同国エネルギー・鉱物省が発行した。同ライセンスにより、8.54km2の鉱区における10年間のグラファイトの独占的開発・採掘権を取得した。同社会長のNick ・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:NguallaレアアースプロジェクトのBFS更新作業を開始

 2021年8月25日付け豪Peak Resources社の発表によると、同社がタンザニアで進めるNgualla レアアース(Nd・Pr)プロジェクトと英Teesside精錬所のBFSの更新を開始した。本更新作業において、2017年に行われたBFSのプラントや工程の基本設計についての変更はない。採掘計画の見直し、浮遊選・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:豪ジュニアWalkabout Resources、グラファイト鉱山の建設に着手

 2021年8月23日付け豪Walkabout Resources社の発表によると、同社所有のタンザニアLindi Jumboグラファイト鉱山が建設段階に移行し、現地への資機材の動員が進行中である。同プロジェクトの資本投資額としては32mUS$程度、24年間のマインライフにおいて、平均約40千t/年のグラファイト精鉱を・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Nguallaレアアースプロジェクトの特別採掘ライセンス、閣議承認を得る

 2021年7月22日付け、豪Peak Resources社の発表によると、同社はタンザニア政府閣議より、Nguallaレアアースプロジェクトの特別採掘ライセンスの承認を受けた。同鉱床は世界的にも高品位のNd・Prを含むレアアースの大規模鉱床であり、埋蔵量18.5百万t(品位:TREE酸化物 4.8%)が計上されている・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:鉱業大臣、レアアースや金の採掘ライセンス発行を進める

 2020年11月5日付けメディアによると、タンザニア政府は、豪ジュニアPeak Resources社のNguallaレアアースプロジェクトは、特別採掘ライセンス発行の最終ステージにあるとした。同国におけるレアアース採掘ライセンス取得として最初の案件になる。また、同国政府によると、他の豪州ジュニアへの金採掘ライセンスに・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Ntaka Hill鉱区の政府収用に係る仲裁申立を豪ジュニアIndiana Resources社が提出

 2020年9月30日付け豪ジュニアIndiana Resources社の発表によると、タンザニア政府に対して、同国Ntaka Hillニッケル鉱区に関する違法な収用があったとし、世界銀行の投資紛争解決国際センター(ICSID)に仲裁申立書を提出した。また、本申立書には95mUS$を超える損害賠償要求も含む。2017年・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Mahengeグラファイト鉱床のフレーク・グラファイト、豪CSIROによるバッテリーへの適正試験を実施

 2020年8月13日付け英Armadale Capital社の発表によると、同社がタンザニアに100%所有するMahengeグラファイト鉱床におけるフレーク状グラファイトについて、バッテリー用途の適正を評価すべく豪CSIROによる試験が進められている。同社のNick Johansen Chairmanは、バッテリーに・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Mahengeグラファイト プロジェクト、韓国Posco社が戦略的提携・開発のMOUを締結

 2020年6月9日付け豪Black Rock社の発表によると、同社が開発中のタンザニアMahengeグラファイト プロジェクトの戦略的提携及び開発に係るMOUを韓国Posco社と締結した。90日以内にデューデリジェンスを終え、投資契約の交渉に入る。投資契約は2つのPhaseに分かれている。Phase1においては、Po・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:タンザニア政府の輸出禁止措置の解除を受け、加Barrick Gold社は280mUS$相当の金精鉱の出荷を計画

 タンザニア政府による金・銅精鉱の輸出禁止措置の解除を受け、Barrick Gold社のBristow CEOはタンザニアから最大280mUS$相当の金精鉱の出荷を開始することを明らかにした。
 Barrick社は2020年1月24日にタンザニア政府と合意文書に署名し、Barrick社の傘下にあったAcacia Mi・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

タンザニア:加Barrick Gold社とタンザニア政府間で結ばれた合意の履行を危ぶむ声が広がる

 タンザニアの金・銅精鉱の輸出禁止措置ニッケル関して、加Barrick Gold社とタンザニア政府は2017年より対立していたが、2019年10月、Barrick社がタンザニア政府に対し300mUS$を支払うとともにタンザニア政府が同措置を解除し、さらにBarrick社はタンザニアの鉱山で得られた収益の50%を今後、タ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

タンザニア:豪Peak社所有のNguallaレアアースプロジェクトに米国政府のファンドが関心表明

 2019年11月26日付け豪・探鉱ジュニアPeak Resources社の発表によると、同社が100%のシェアを持つタンザニアNguallaレアアースプロジェクトについて、英国、米国といった政府系ファンドにプロモーションしたところ、米国のOverseas Private Investment Corporation(・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:加Barrick Gold社、タンザニア政府と合意書を締結

 2019年10月20日付け、加Barrick Gold社の発表によると、同社はタンザニア政府との間でこれまでの論争解決のための合意書を締結し、同社子会社であるAcacia社と政府間の長い論争は終結した。合意書には、未払いの税金や他の論争解決のため300mUS$の支払いを政府に行うこと、輸出禁止の撤廃、鉱山からの利益を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Armadale社、Mahenge Lianduグラファイトプロジェクトのオフテイク契約を中国CoolRU社と締結

 2019年9月26日付け英・投資会社Armadale Capital社の発表によると、同社がタンザニアに100%所有するMahenge Lianduグラファイトプロジェクトについて、中国CoolRU Information Technology社との間で5千tのグラファイト精鉱のオフテイクに係るMOUを締結した。現在・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:中国・皇唐公司、タンザニアで鉛蓄電池生産事業に投資

 タンザニア現地マスコミの報道によれば、中国企業皇唐公司は、タンザニアPwani州で630kUS$を投入し、鉛蓄電池回収・生産工場を設立した。生産規模は3~4千t/年を設定しており、2021年内に生産した製品を市場へ売り出す予定。現在、生産原料となる使用済み蓄電池の調達が課題となっている。設計によると、当該工場は毎年1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

タンザニア:加Elcora社、South Nachuグラファイト鉱床のサンプル処理パイロットプラントを加Nova Scotiaに建設中

 2019年8月2日付けメディアによると、加Elcora Advanced Material社がタンザニアLindi地方南東に位置するSouth Nachuグラファイト鉱床のサンプルを処理するためのパイロットプラントを加Nova Scotiaに建設中。同鉱床の周辺は、Balama鉱床(Syrah Resource社)や・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:タンザニア政府、中国投資会社に金精錬所の設置を許可

 安泰科によれば、タンザニア政府は、中国企業に非鉄金属製錬と金精錬所の設置許可証を交付し、非鉄製錬所1社と金精錬所2社の建設を許可した。これらの製錬所のそれぞれ投資総額は1mUS$を上回るが、タンザニア政府は、これら許可証を取得した中国企業名を公表していない。2017年3月、タンザニア大統領は、国内の銅、金、銀鉱石輸出・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

タンザニア:豪Walkabout Resources社がLindi Jumboグラファイト鉱床開発に係る資金調達を進める

 2019年7月23日付けメディアによると、豪Walkabout Resources社は、タンザニアLindi Jumboグラファイト鉱床を2020年末までに生産開始すべく、次の四半期内に資金調達の目途を付ける予定である。年産40千tでマインライフ24年の予定であり、開発には約28mUS$を要する。また、FSではバスケ・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ