閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: チタン

豪:VIC州政府、2022/23年度予算案において7.4mA$をクリティカルミネラル産業開発に割り当て

 2022年5月6日付けの地元メディアによると、VIC州政府は2022/23年度予算案において、今後3年間で総額7.4mA$をVIC州クリティカルミネラル産業の開発に割り当てることを発表した。同政府は、2018~2023年に実施する鉱物資源戦略「Mineral Resources Strategy 2018–2023」・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン イルメナイト ルチル ジルコニウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

中国:2022年第1四半期非鉄金属業界動向

 2022年4月28日、中国非鉄金属工業協会は、2022年第1四半期の中国非鉄金属業界動向についてオンライン報告会を開催した。同協会の賈明星副会長は当該期間の業界実績を振り返り、「非鉄金属業界は全体的に安定し、主要経済指標は予想を上回った」とコメントした。また、足元の国際情勢を踏まえた中国非鉄産業への影響等、上半期展望・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン 水銀 チタン ニッケル マグネシウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

加:Rio Tinto、北米初の酸化スカンジウム生産者へ

 2022年5月6日付けプレスリリースの中で、Rio Tintoは、QC州Sorel-Tracyの研究開発センター(RTFT)にある商業規模の実証プラントにて、高純度酸化スカンジウムのバッチ生産を完了したことを発表した。このマイルストーンの達成を受けて、同社は北米初の酸化スカンジウム生産者となる。RTFTプラントでは革・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン スカンジウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米:地質調査所とApple社、廃滓の定量化にかかる新たなメトリクスに関する報告書を公開

 2022年5月4日付けプレスリリースの中で、米地質調査所(USGS)と米Apple社は、鉱山活動によって生み出される廃滓の定量化にかかる新たなメトリクス(測定基準)に関する報告書を公開した。「rock-to-metal ratio(岩石対金属比)」と呼ばれるこのメトリクスは、特定の単位のコモディティを生産するために鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム ロジウム イリジウム ルテニウム ガリウム クロム コバルト シリコン(ケイ素) タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニッケル バナジウム マグネシウム モリブデン リチウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

ウガンダ:Kilembe銅・コバルト鉱山再開発の投資を募集

 2022年4月13日付けメディアによると、2022年4月12日にウガンダ政府は、Kilembe銅・コバルト鉱山の再開発に向け投資家の関心を募っていると発表した。Kilembe鉱山はウガンダ西部、DRコンゴとの国境付近に位置し、政府の地質技術者によると鉱量約4百万t(品位:Cu 1.98%、Co 0.17%)とされてい・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト チタン レアアース/希土類 ウラン 鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

豪:Sheffield Resources社、WA州Thunderbirdミネラルサンドプロジェクトにおいて連邦政府のMAIFから160mA$の融資を取得

 2022年4月19日付けの地元メディアによると、豪Sheffield Resources社は、同社と中Yansteel(燕鋼)社が権益を各々50%保有するJV企業の豪Kimberley Mineral Sands社が進めるWA州Thunderbirdミネラルサンドプロジェクトにおいて、豪連邦政府の豪州北部インフラ基金・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド チタン イルメナイト ジルコニウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

中国:2022年1~2月、中国非鉄金属業界動向

 2022年3月30日、中国国家発展改革委員会は、2022年1~2月の中国非鉄金属業界動向を発表した。内容は以下のとおり。
 2022年1~2月の非鉄金属10種(銅、アルミニウム、鉛、亜鉛、ニッケル、錫、アンチモン、水銀、マグネシウム、チタン)の生産量は、10.51百万t(対前年比0.5%増)で、このうち、銅生産量は・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン 水銀 チタン ニッケル マグネシウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

加:連邦政府が2022年度予算案を公表、クリティカルミネラル開発支援に総額3.8bC$

 2022年4月7日、Chrystia Freeland加副首相兼財務大臣は、2022年度(2022年4月1日~2023年3月31日)連邦予算案を連邦議会下院に提出した。鉱物資源分野では、今後8年間で最大総額3.8bC$がクリティカルミネラル(以下、重要鉱物)開発支援に振り向けられる。具体的な施策として、特定の重要鉱物・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 PGM(白金族) ガリウム コバルト チタン テルル ニッケル バナジウム マグネシウム リチウム スカンジウム レアアース/希土類 グラファイト ウラン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

豪:豪州とインドが自由貿易協定を締結、豪州からインドに輸出される鉱物資源の多くが即時非関税に

 2022年4月1日付けの地元メディアによると、豪連邦政府は、印政府と豪印自由貿易協定(FTA)を締結したことを明らかにした。同FTAの締結によって、豪州からインドに輸出される物品のうち非関税品目が占める割合は、同協定の発効時において85%以上、今後10年間で91%となり、鉱物資源や金属に関しては石炭、アルミナ、銅、液・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト チタン ジルコニウム ニッケル マンガン アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Australian Vanadium社、WA州Australian Vanadiumプロジェクトにおいてフェロチタンを約100千t/年供給するLOIを中Tianzhu Steel社の子会社と締結

 2022年3月17日付けのメディアによると、豪Australian Vanadium社は、同社のWA州Australian Vanadiumプロジェクトにおいて、副産物として生成されるフェロチタンを供給するLOI(基本合意書)を、中Tianzhu Steel社の子会社であるWingsing International・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン バナジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

加:ON州政府、同州初となるクリティカルミネラル戦略を発表

 加ON州政府は2022年3月17日、同州初となる今後5年間のクリティカルミネラル(重要鉱物)戦略を発表した。同戦略では、クリティカルミネラルの探査・研究支援、地球科学情報の向上、規制枠組みの見直しや先住民族との経済開発機会の構築など柱に、ON州北部での鉱山事業と南部での電気自動車(EV)およびバッテリー製造業を連携さ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 PGM(白金族) アンチモン インジウム ガリウム クロム ゲルマニウム コバルト セシウム セレン タングステン タンタル チタン ジルコニウム テルル ニオブ ニッケル バナジウム ビスマス ベリリウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム リン スカンジウム レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 ウラン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

フランス:政府、エネルギー・原材料価格の急激な高騰に対応するため経済強靭化計画を発表

 2022年3月17日付けのプレスリリースによると、フランス政府は、ウクライナ戦争に関連したエネルギー・原材料価格の急激な高騰に対応するため経済強靭化計画を発表した。
 この中で、Le Maire経済財務再興大臣は、チタン、パラジウム、ネオン等の重要原材料についてロシア依存からの脱却を図るべく、リサイクルや生産プロセ・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム チタン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ロシア・ウクライナ:欧米のチタン市場、欧米諸国のサプライヤーを探し始める

 2022年2月25日付けの地元報道等によると、ロシアとウクライナの緊張関係は、既に2022年2月半ばからチタン市場を動揺させている。消費者は、チタン製品の重要な供給元である両国の企業との長期契約が履行されるという確信を失った。
 紛争のリスクを考慮し、英国のフェロチタン生産企業にアプローチする消費者が増えており、欧・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

米:米国地質調査所、50鉱種のクリティカルミネラルリストを公表

 米国地質調査所(USGS)は、2022年2月22日付けでクリティカルミネラル(重要鉱物)として、新たに以下50鉱種を指定したリストを公表した。
 アルミニウム、アンチモン、ヒ素、重晶石、ベリリウム、ビスマス、セリウム、セシウム、クロム、コバルト、ジスプロシウム、エルビウム、ユウロピウム、蛍石、ガドリニウム、ガリウム・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム ロジウム イリジウム ルテニウム アンチモン インジウム ガリウム ルビジウム クロム ゲルマニウム コバルト セシウム タングステン タンタル ミネラルサンド チタン ジルコニウム テルル ニオブ ニッケル ハフニウム バナジウム ビスマス ヒ素 ベリリウム マグネシウム マンガン リチウム ジスプロシウム スカンジウム ツリウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ホルミウム ユウロピウム ランタン ルテチウム イッテルビウム イットリウム エルビウム ガドリニウム サマリウム レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

豪:TNG社、NT準州Mt Peakeバナジウム・チタン・鉄鉱石プロジェクトが設計エンジニアリングのStage 2へと進捗

 2022年2月14日付けの地元メディアによると、豪TNG社は、同社のNT準州Mt Peakeバナジウム・チタン・鉄鉱石プロジェクトが、設計エンジニアリングのStage 2へと進捗したことを明らかにした。同プロジェクトは、五酸化バナジウム(V2O5)、酸化チタン(TiO2)、酸化鉄(Fe2O3)の採掘と処理を統合的に行・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン バナジウム 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

モザンビーク:Momaチタン・ミネラルサンド鉱山、2021年の記録的な生産量を発表

 2022年1月13日付け英Kenmare Resource社の発表によると、同社所有のMomaミネラルサンド鉱山(モザンビーク北部)における2021年のイルメナイト生産は過去最高の1,119千t/年(前年比48%増)であった。2020年に集鉱施設を移設したPilivili鉱床における高品位鉱石の採掘に起因する。202・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド チタン イルメナイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

米:米国地質調査所、クリティカルミネラルリストを更新へ

 2021年11月8日付けニュースリリースによれば、米国地質調査所(USGS)は、2020年のエネルギー法(Energy Act of 2020)に基づき、2018年にクリティカルミネラル(重要鉱物)として指定された35鉱種を見直す。新たに公開されたリストでは、以下50鉱種が提案されている(アルファベット順)。
 ア・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 プラチナ パラジウム ロジウム イリジウム ルテニウム アンチモン インジウム ガリウム ルビジウム クロム ゲルマニウム コバルト セシウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム テルル ニオブ ニッケル ハフニウム バナジウム ビスマス ヒ素 ベリリウム マグネシウム マンガン リチウム ジスプロシウム スカンジウム ツリウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ホルミウム ユウロピウム ランタン ルテチウム イッテルビウム イットリウム エルビウム ガドリニウム サマリウム グラファイト フッ素/蛍石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:AB州が鉱物戦略及びアクションプランを発表、州経済の多様化を目指す

 加AB州政府は、2021年11月4日、石油・ガス産業を主要産業とする同州経済の強化・多様化、雇用創出、投資の呼び込みを目的とした鉱物戦略および行動計画「Renewing Alberta's Mineral Future – A strategy to re-energize Alberta's mineral sec・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 コバルト チタン ジルコニウム ニッケル バナジウム マグネシウム リチウム レアアース/希土類 カリウム ウラン 鉄鉱石
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

ロシア:2030年までの鉱物資源基盤発展プロジェクトを政府が承認

 2021年10月8日付けの地元報道等によると、2030年までの鉱物資源基盤の拡大と国家の経済成長を目的とした天然資源環境省のプロジェクト「地質:伝説の復活」が、2021年10月6日付けロシア政府令第2816-r号により承認された。
 当該計画は、2024年までに石油、天然ガス、金、銀、鉛、亜鉛、アンチモンの再開発の・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム チタン マンガン ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

キルギス:エネルギー産業省、ウラン・トリウム鉱床開発の禁止に関する法律の無効化を提案

 2021年10月6日付けの地元報道等によると、エネルギー産業省が、ウラン及びトリウム鉱床の探鉱・探査・開発を目的とした地下資源の地質調査を禁止する法律の無効化を提案した。同省は、一定の条件付きで、国内での当該活動を許可する予定である。
 同条件は、政府持分が100%の企業に限り、ウラン、トリウムその他元素の採掘が許・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン ジルコニウム リン ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ