閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: チタン

中国:アルミ生産、雲南省の電力規制により2か月連続で減少

 2021年7月15日付け報道によると、雲南省の電力規制による生産制限により、中国の2021年6月の一次アルミ生産量は2か月連続で減少した。
 中国国家統計局によると、中国の2021年6月の一次アルミ生産量は329万tで、2021年5月の332万tより0.9%減少したが、対前年同月比9.3%増加した。2021年1~6・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン 水銀 チタン ニッケル マグネシウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:盛和資源、レアアース金属加工技術・生産拡張等に13.68億元を投入予定

 現地報道によると、2021年5月28日、盛和資源控股股份有限公司は、非公開で最大1億600万株のA株を発行した。調達資金総額は最大13億6,800万元で、盛和資源(江蘇)レアアース有限公司のレアアース分離精製ラインの建設事業、レアアース金属加工技術の改善・拡大事業、研究開発センターと情報センターの建設事業、環境保護施・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン ルチル ジルコニウム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

豪・韓国:Australian Strategic Materials社、韓国企業とのJVによるパイロット工場で純度99.3%のプラセオジム製造に成功

 2020年8月19日付けのメディアによると、豪Australian Strategic Materials(ASM)社は、同社が韓国Zirconium Technology(ZironTech)社とのジョイントベンチャー(JV)により韓国で操業するパイロット工場で、特許取得済みのプロセスを用いて純度99.3%のプラセ・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン プラセオジム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ベトナム:鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備へ

 2020年4月20日付け地元メディアによると、Trinh Dinh Dung副首相は2021年から2030年までの鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備するタスクに署名した。石油、石炭、ウラン・トリウム等の放射性鉱物等を除く鉱物が対象となる。これら鉱物は、金鉱石・銅・ニッケル・モリブデンのカテゴリー、鉛・亜鉛・・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム チタン ニッケル マンガン モリブデン レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:豪Skyland社、中部Kalimantan州のミネラルサンド鉱床開発会社を買収

 2018年10月17日付メディアによると、豪石油ガス会社Skyland Petroleum Group社は、Tisma HK社からインドネシア中部kalimantan州でミネラルサンド鉱床開発を行っているTisma Development社の権益100%を取得する契約を締結した。Skyland社は石油ガスの中核事業の・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド チタン ジルコニウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:天津の非鉄製錬企業、2019年より汚染物排出に許可証が必要

 安泰科によれば、天津市環境保護局は、非鉄製錬企業等による汚染物排出許可証の申請受領に関する通達を公表した。
 本通達では、2018年末までに汚染物排出許可証の申請受領対象となる非鉄製錬企業は、所在地の行政審査認可局または関連部署で汚染物排出許可証の申請受領作業を行い、法律に基づき許可証に従い汚染物を排出する。201・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン コバルト 水銀 チタン ニッケル マグネシウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ベトナム:政府がBinh Thuan省チタン採掘による環境汚染の調査を指示

 2018年6月25日付地元メディアによると、ベトナムのTruong Hoa Binh副首相はBinh Thuan省人民委員会に対し、環境汚染により数年前に停止した同省内のチタン採掘が最近でも行われ乱掘されており地下水汚染・近隣住民の健康被害が発生しているとの情報について調査を行うよう指示をした。副首相は調査・確認を行・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:バンカ・ブリトゥン州でジルコン及びイルメナイトの製錬所が建設開始

 2018年2月15日付及び16日付地元メディアによると、PT Putra Prima Mineralは2月14日、バンカ・ブリトゥン州で錫の漂砂鉱床の副産物であるモナザイトからジルコン及びイルメナイトを生産する製錬所の建設を開始した。周辺インフラ等も含め工事期間は2年間を予定、投資額は1兆インドネシアルピア(約80億・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン ジルコニウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:海南省、国家戦略の鉱物の探査開発を推進し、レアアース採掘は禁止

 安泰科によれば、海南省国土資源庁は2017年11月10日に、「海南省鉱物資源全体計画(2016~2020年)」を中国国土資源部の承認により実施した。2017年より非国家戦略的鉱物探査プロジェクトに対する審査・認可を停止する。モリブデン、ジルコン、フェロチタン、蛍石等鉱石の採掘総量を厳しく制限し、レアアース採掘を禁止す・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン ジルコニウム モリブデン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

カザフスタン:POSUK Titanium社のチタンインゴット、韓国の原発建設で利用予定

 2015年11月3日付け地元報道等によると、10月29日、ウスチ・カメノゴルスク市のPOSUK Titanium社(カザフスタンと韓国の合弁企業)のプラントにおいて、工業用純チタンインゴットの初生産記念式典が開催された。また、同社と韓国POSCO社は、2016年に原子力発電所建設向け純チタンインゴットを韓国へ納入する・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
木原栄治

カザフスタン:新規プラント、韓国にチタン・インゴット納入へ

 2015年3月18日付け地元報道等によると、Posuk Titanium社(Ust-Kamenogorsk Titan-Magnesium Plantと韓国企業POSCOの合弁)のプラントは、チタン・インゴットの国際認証完了後、初ロットを韓国に向け年内に出荷する予定である。n プロジェクト費用は7,000万US$で、・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
木原栄治

中国:江粉磁石材料、五環チタン業を買収

 安泰科によれば、広東江粉磁石材料株式有限公司(JPMF GuangDong Co., Ltd)は、未公開株の発行及び現金支払いの複合方式で浙江五環チタン業の100%の権益を買収し、買収額は6.3億元である。広東江粉磁石材料株式有限公司の話によると、取引完了後、同社はチタン及びチタン合金材料・製品分野に参入し、企業の製・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

カザフスタン:韓国とのチタン製品生産プロジェクト実施へ

 2014 年2 月28 日付け地元報道によると、カザフスタンのチタン製品生産工場が2016 年に操業を開始する予定である。同プロジェクトは、Ust-Kamenogorsk Titan-Magnesium Plant、Posuk Titanium、Kolur Holding及び、Poscoなどの韓国側パートナーとの共同・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
木原栄治

ベトナム:Binh Thuan省に2つ目のチタン産業コンビナートの建設に着手

 2014年1月20日付け地元紙によれば、ベトナム南部Binh Thuan省のThang Hai II工業団地に、Binh Thuan Mineral Industry Joint Stock社が476万US$を投資して、ベトナムで2つ目となるチタン産業コンビナート建設に着手した。同社社長によれば、年産18万tのチタン・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

中国:国家備蓄局、2013年に合計8,700tのチタン地金を買い上げ

 安泰科によれば、2013年11月末に中国国家備蓄局が、チタン市場の在庫を削減し国内レアメタル産業の健全な発展を確保するため、2013年に合計8,700 tのチタン地金を買い上げたと発表した。 主に宝鶏チタン集団、西北有色研究院、西部チタン業、湘投金天チタン業、遵義チタン業及び東方タンタル業から買い上げている。 遼寧省・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル チタン
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

インドネシア:興盛鉱業、100万tのチタン精製・粉末生産基地を建設する計画

 安泰科によれば、インドネシアのチタン精鉱輸出規制政策の影響を受け、山東興盛鉱業集団(以下、興盛鉱業)がインドネシアで投資建設するチタン精鉱プロジェクトが延期となった。国際政策の変更による影響から抜け出すため、興盛鉱業の李運徳理事長の話によると、山東省で100万tのチタン精製・粉末生産基地を建設する予定。 インドネシア・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

中国:「中西部地区外国企業投資優位産業目録」公表、5省区のチタン関連産業が対象に

 安泰科によれば、国家発展改革委員会と商務部が「中西部地区外国企業投資優位産業目録(2013年改訂)」を発表し、2013年6月10日から実施する。2008年12月に発表した「中西部地区外国企業投資優位産業目録(2008年改訂)」を同時に廃止する。「外国企業投資方向指導規定」(国務院令2002年第346号)の規定に基づき・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

中国:都市化計画に伴いチタンホワイト産業の発展有望

 現地報道によると、全国人民代表大会で、都市化・工業化・情報化・農業近代化などのキーワードが注目を浴びている。都市化に当ってはインフラ建設が必要になるとともに、塗料などの用途に用いられるチタンホワイト(酸化チタン)産業の発展も有望視されている。 チタンホワイトは世界的にも白色顔料として優れていると認められて、その使用範・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
調査部
担当者:
渡邉美和

中国:中核二酸化チタン株式有限公司、広西で300万元投入し企業設立予定

 安泰科によれば、中核華原二酸化チタン株式有限公司は、企業発展戦略のため300万元を投入し(30%の権益を保有)、魏兆琪氏、張本氏、劉艷氏3名の個人投資家と共同で広西中核二酸化チタン株式有限公司(仮名)を設立すると公告し、同社の理事会は2013年3月5日に「広西中核二酸化チタン株式有限公司(仮名)の設立投・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

中国:世界のチタン展伸材産業の発展動向

 最近の現地メディアは世界のチタン展伸材産業の今後の動向について、次のように報じた。 展伸材として用いられるチタンには純チタンと合金がある。チタン合金は高い比強度や抗腐食性そして軽量さなどから理想的な航空機材料であり、合金は航空機産業とともに発展してきた。その始まりは1954年に米国で開発されたTi-6Al-4V合金で・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
調査部
担当者:
渡邉美和
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ