閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: リン

ペルー:Miski Mayo社、操業改善計画に向けた技術根拠報告書(ITS)を提出

 2020年9月22日付け地元業界紙によると、Miski Mayo社は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)における操業改善計画を目的として、環境影響詳細調査(EIAD)第2回修正書の技術根拠報告書(ITS)を持続可能環境投資許可庁(SENACE)に提出した。ITSによれば、継続的改善戦略の一環として、補助的な設・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Miski Mayo社、2019年のリン生産量増加の見通し

 2019年6月4日付け地元紙によると、Miski Mayo社のAttie財務部長は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)における2018年の精鉱生産量は4050千tだったほか、2019年にはさらに増産となる見通しを示した。増産の要因として、親会社であるMosaic社が所有するブラジルの3つの鉱山が、廃滓処理の新・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Americas potash Peru社、リン鉱石採掘プロジェクトの実施許可を取得

 2019年1月3日付け地元紙によると、Americas Potash Peru社は、Bayovar 6鉱区(Piura州Sechura郡)におけるリン鉱石採掘プロジェクトの開発許可を取得した。
 同社は2018年10月末に、生産省に対して本プロジェクトにおけるリン鉱石採掘と肥料生産の許可を申請していた。本鉱区の面積・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Miski Mayo社、米国のプラント向けリン鉱石供給拡大を計画

 2018年6月18日付け地元紙によると、Miski Mayo社のLulf社長は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)の増産を目指す方針を示した。Lulf社長によると、Mosaic Company社によるVale Fertilizantes社の買収に伴い、将来的にBayovarリン鉱石鉱山の生産物の75%がMos・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Miski Mayo社、Bayovarリン鉱石鉱山における探鉱を実施

 2017年10月16日付け地元紙によると、Miski Mayo社のBastos社長は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)について、2017年3月から4月にかけて大雨・洪水による選鉱プラントの操業停止等の影響があったことを受けて、メンテナンスや生産性向上への投資を行っていることや、これから年末にかけて完全な通常・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Bayóvarリン鉱石鉱山のVale社権益をMosaic社が買収

2016年12月21日付け地元紙によると、Mosaic社(本社英プリマス)がValeの肥料事業を買収したことにより、ValeがBayóvarリン鉱石鉱山(Piura州)に保有していた40%権益がMosaic社に移り、あわせて75%の権益を保有することになった。残り25%の権益は引き続き三井物産が保有している。・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル リン
海外事務所:
リマ
担当者:
迫田昌敏

米:Vale、肥料部門を米Mosaic社に売却、同社の最大株主に

2016年12月19日、米の肥料メーカー大手The Mosaic Company社は、Valeの肥料事業部門を総額2.5bUS$で購入することを発表した。取引金額の半分に当たる1.25bUS$は現金にて支払われ、もう半分は株式譲渡(4,230万株相当)によって支払われる。この取引により、ValeはMosaic社の株式の・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル リン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ