閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: PGM(白金族)

中国:白金族金属の供給が以前不足、ロジウムは最高価格を更新

 安泰科によると、Nedbank銀行のアナリストArnold Van Graan氏は、白金族金属市場、特にパラジウムとロジウムの長期的な供給逼迫の可能性が高く、これは白金族金属価格を下支えすることが予想されると述べた。供給の逼迫、市場の不足、中国の自動車触媒の需要の強さにより、ロジウム価格は引き続き過去最高値を記録した・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ パラジウム ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年パラジウム・プラチナの輸入状況

 中国税関統計によると2020年12月、パラジウムの輸入総量は前月比27.96%減の3.86tで、前年同月比56.52%増となった。2020年通年の輸入総量は前年比93.55%増の41.88tであった。そのうち、未圧延パラジウム・粉末輸入総量は41.14t、パラジウム板・シート状の輸入量は0.73tであった。
 また・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年のプラチナ輸入量は20%伸びる予想

 安泰科によれば、2020年1~11月のプラチナ輸入量は、前年同期比23.51%増の80.86tであった。そのうち未圧延プラチナ・プラチナ粉末の輸入合計は54.76t、プラチナ板・シード材料の輸入量29.91tであった。2020年プラチナ輸入量は85tで、2019年より20%伸びる予想である。
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:国内パラジウム価格が20%以上高騰

 現地報道によると、国内自動車市場の急速な回復と、自動車排気ガス基準の厳格化がパラジウムの需要を拡大させた。2020年11月、中国国内のパラジウム価格は高騰後に一時下落したものの、再び高騰する傾向にある。同月の平均価格は570.71元/gであり、前月比9.04元下落し、前年同月比では25.91%増であった。
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

EU:ハイテク製品等の原材料確保に向けた計画を実施

 Mining.comの報道によると、EUはハイテク製品等に関して国内生産を拡大し、重要な元素であるレアアースの回収を高めることによって、30種の主要な原材料の安定的供給を確保する計画を開始した。300社余りの企業や商業関連の協会、あるいは政府を含む欧州原材料連盟(ERMA、European Raw Materials・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ コバルト ストロンチウム チタン ニオブ ボロン/ホウ素 リチウム レアアース/希土類 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:BASF社、今後数年間でロジウム不足の拡大を予想

 現地報道によると、Bank of Americaのオンライン会議で、BASF社の有価金属部副総裁のMatthias Dohrn氏は、「中国の自動車生産が回復する一方で、南アのロジウム生産が減少している」と指摘した。BASF社は、供給不足により、2020年は47千ozのロジウムが不足すると予測した。2021年には不足分・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:ロジウム価格過去最高値更新、南ア供給不足・中国自動車産業復旧が追い風

 南アAflifeorsight研究機関によると、南アの供給不足や中国の自動車販売回復に伴い、ロジウム価格が過去最高値を更新した。2020年11月10日、Johnson Matthey社によると、LMEのロジウム見積価格は15,000US$/ozに上った。S&P Global Platts社によると、過去2週間、ロジウ・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:安泰科、足元のプラチナ及びパラジウム需給について

 安泰科によると、南アのプラチナ鉱山は再編に直面しており、ロシアの白金族金属生産は、ベースメタルの生産に制限されており在庫数が削減している。需要側は、自動車排出基準の向上、燃料電池自動車開発、プラチナとパラジウム間の交替利用、プラチナ及びパラジウムの投資見通しの影響を受けている。コロナ禍で南アは21日間の「封鎖措置」を・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ パラジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国の自動車販売回復と南ア供給不足でロジウム価格は過去最高値を更新

 安泰科によれば、南アの研究機関Afriforesightの貴金属責任者Pearson Mruri氏は、中国国内自動車の販売状況は回復を見せており、南アからの供給が不足している状況下、ロジウム価格が過去最高値を更新したと指摘した。2020年9月15日、Johnson Matthey社によるの見積価格は14,400US$・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

その他:Heraeus社、2020年のロジウム市場不足を予想

 貴金属サプライヤーである独Heraeus社は、新型コロナウイルスはロジウム需要に影響を与えるものの、供給も制限されるため、2020年のロジウム市場は依然供給懸念があると語った。新型コロナ防止対策により、南アの労働集約型の旧式鉱山はゆっくりと操業を回復させているが、プラチナやパラジウムと比べて、ロジウムは影響を受けやす・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国初の「資源税法」が2020年9月に実施

 安泰科によれば、2019年8月26日、第13期全人代常務委員会第12回会議にて「資源税法」が正式に採択され、2020年9月1日より正式に実施される。資源税は、1984年より徴収され始め、改革改善を経て、安定的に実行されている。徴税に関する法律規定に基づき、現行制度の方向性や租税負担水準を保ちつつ、社会経済成長や改革に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) レアメタル ニッケル リチウム レアアース/希土類 その他 ウラン 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ジンバブエ:中国・北方国際、プラチナの生産に参加

 安泰科によれば、報道によると、中国北方国際合作株式有限公司は、企業2社と協力し、2014年第1四半期にジンバブエのプラチナ生産に参加する見込み。 ジンバブエは、世界で主要なプラチナ生産地域で、現在、その生産量は世界の6%を占める。ジンバブエ鉱業部門の報告によると、2013年に同国のプラチナ生産量見込みは36.5万oz・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ