閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 宮武修一

カナダ・BC州北西部鉱山地帯への送電計画を発表

 カナダBC州知事Gordon Campbellは10月1日、BC州北西部TerraceからMezidian junctionを経て、Bob Quinへと至る新たな送電線を施設すると発表した。送電線の延長は335kmで、総工費として4億C$を見込む。BC州北西部には銅を中心とした多数の未開発プロジェクトが集中しているが・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・鉱業を巡るアジア太平洋フォーラム、バンクーバーで開催

2007年9月30日から3日まで、鉱業に関するカナダBC州と環太平洋アジア諸国の緊密な連携と、相互の健全な鉱業の発展を目指すAsia Pacific Forum on Mining and Mineralsがバンクーバーで開催され、約250名が参加した。主催はBC州鉱業協会、協賛はBC州天然資源省および経済開発省であり・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

アメリカ北西部鉱業協会、米国連邦有地に適用される新鉱業法案に反対

 アメリカ北西部鉱業協会(Northwest Mining Association)は8月14日、傘下会員に対して連邦有地における鉱山操業を規制する、2007年硬岩採掘とリクラメーション法案(HR2262)に対し断固反対し、団結しつつこれを廃案に追い込むよう理解を求めた。この新法案は、米国下院、天然資源小委員会において・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・オンタリオ証券委員会、元Bre-X主席地質技師の上告を断念

 オンタリオ証券委員会は、元Bre-Xの副社長兼主席地質技師John Felderhof氏に対し、オンタリオ州地裁が言い渡した無罪判決を巡り、これ以上の上告は行わないとする判断を固めた。オンタリオ証券委員会は、控訴見送りの理由を明らかにしていない。 Bre-X事件はカナダ最大かつマイニング業界最大の証券詐欺事件であり、・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・BC州・Tulsequah Chief多金属プロジェクト、開発資金2.4億C$調達

 在バンクーバーの探鉱企業、Redcorp Ventures社は2007年5月25日、FS段階にあるBC州北西部のTulsequah Chief多金属プロジェクトの開発資金の調達に着手すると発表した。調達する資金は2.4億C$で、償還期間5年の転換社債とワラント付き新株発行の両者で賄う。なお金利、株式転換の条件、販売単・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Nautilus社の海洋資源開発計画、主要科学誌に環境への懸念が掲載

 5月18日発行の科学雑誌サイエンス誌の中で、在バンクーバーのNautilus社が進める海洋資源の商業開発に関する懸念の表明と何らかの規制の必要性についての主張がなされた。著者はトロント大学Jochen Halfar氏とカリフォルニア州の環境団体Environmental DefenseのRodney Fujita氏。・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Barrick Gold社、金先物売りを止めスポット価格での売却に転換

 5月2日に発表された産金首位Barrick社の第1四半期報告によれば、同社はこれまでの金先物売りを止め、今後生産する金の全量をスポット価格により売却するよう改めた。同社は全ての先物販売契約(Corporate Gold Sales Contract)を破棄するため5億5,500万US$を既に費やし、これにより2007・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

キューバ産ニッケル取り扱いのSherritt社、カナダDynatec社を買収

 カナダ・ニッケル生産中堅のSherritt International社は4月20日、カナダ・オンタリオ州のエンジニアリング企業Dynatec社を株式交換により買収することに双方合意したと発表した。買収総額は16億C$。これはDynatec社の直近株価に19%のプレミアムを上乗せた価格に相当し、Dynatec社株主は・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Barrick Gold社、2006年末に敵対的TOBで獲得のNova Gold社株式を放出

 Barrick Gold社が2006年末までに敵対的TOBにより獲得したNova Gold社株式1,360万株、同社発行株式の14.8%について、そのほぼ全量が市場を通じて放出される。一株あたり16.25US$の売却単価であり、時価で2億2,000万US$程度と見積もられる。Barrick社副社長Borg氏は、「この・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・Xstrata社サドベリー労働者、スト権を確立

 Xstrata社サドベリー労働者は2007年1月末に控える労働契約の更改を睨み、Xstrata社とCVRD Inco社間で協議されているJV操業の詳細が明らかにされない限りストライキを敢行するとしている。Xstrata社サドベリー労働者とはカナダ自動車労組(CAW)所属の約1,000名で、1月17日の総会において組合・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Barrick Gold社、Nova Gold社の買収を断念

 Barrick Gold社が在バンクーバーのNova Gold社に対して仕掛けていた敵対的TOBについて、Barrick社は12月6日とした最終応募期限を延長せず、これ以上のTOBの継続を断念した。Barrick社は本TOBを通じてNova社株式1,360万株、発行株式ベースでおよそ14.8%(全希釈ベースで12.7・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Freeport社CEO、投資家向けカンファレンスにおけるコメント

 11月19日のFreeport社による総額259億US$のPhelps Dodge社の買収発表後、Freeport社CEO Adkerson氏らは投資家向けに説明会を行っている。この中で新Freeport社は今後「基本的にヘッジ売りを行わない方針」を取ることを明らかにした。また将来の金事業と銅事業の分社化構想について・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

Freeport社のPhelps Dodge社買収、各紙にみる今後の展開

 Phelps Dodge社の買収を発表したFreeport社とこの買収の行方について、様々な観測記事が地元紙等に掲載されている。 日曜のPhelps社買収報道を受け、翌日のFreeport社株価は3%下落したもの、その後2日間で逆に11.5%と大きく値を上げた。これはFreeport-Phelps合併後の新会社が第三・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

米国Freeport-McMoRan社、Phelps Dodge社を買収

 米国Freeport-McMoRan Copper & Gold社とPhelps Dodge社は、11月19日、Freeport社がPhelps社の株式全量を買い受けるという合併契約を両社間で締結したことを発表した。買収総額は250億9,000万US$。Phelps社一株あたりの買い受け条件は現金88US$プラスFr・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

モンゴル・Oyu Tolgoiプロジェクト、Rio Tinto社の参入について Friedland氏が語る

 Rio Tinto社のモンゴルOyu Tolgoiプロジェクトへの参入に関し、10月28日のカナダ・ファイナンシャルポスト紙は、契約の裏側と題してIvanhoe社Robert Friedland会長とのインタビューを掲載した。10月18日に発表されたRio Tinto社がIvanhoe社株式を最大40%まで取得すると・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

マダガスカル・Ambatobyニッケルプロジェクトに韓国コンソーシアム参入

 カナダDynatec社は、10月30日、住友商事と共に開発を手がけるマダガスカルのAmbatoby酸化ニッケルプロジェクトについて、韓国コンソーシアムが8億5,200万US$を出資して参入、プロジェクト権益の27.5%を得たことを報じた。韓国コンソーシアムの代表は韓国の国営企業である韓国資源公社(Korea Reso・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

米国・アラスカ州・Fishプロジェクト、Kamishakプロジェクトで、Full Metal Resources社が、塊状硫化物鉱床、斑岩型銅鉱床に着鉱

 アラスカ州の探鉱に特化する在バンクーバーの探鉱企業Full Metal Resources社は、11月2日、州東部のFish鉱区で実施した試錐により塊状硫化物鉱床に着鉱したと報じた。9月下旬にはFish鉱区から約6km離れたLWM鉱区で着鉱のニュースを報じたばかり。代表的な試錐の分析品位は、Fish06-01孔の掘進・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

米国・Glamis Gold社とカナダ・Goldcorp社の合併、実現に向け前進

 在バンクーバーで産金第6位のGoldcorp社と、米国ネバダ州をベースとする産金中堅Glamis Gold社との株式交換による友好的合併計画について、現Goldcorp社の1.5%の株主であり、かつての同社設立メンバーでもあったRob McEwen氏は株主価値を毀損する経営判断として合併計画を批判、オンタリオ州高裁に・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・Barrick Gold社、対Nova Gold社TOBを増額

 Barrick Gold社は10月24日、対Nova Gold社への全額現金による敵対的TOBの提示額を見直し、Nova社一株当たりの買い受け金額14.50US$を約10%増額し16.00US$とすると発表した。これに伴い、Nova社の買収総額は15億US$から17億US$へと増加する。新たな提示額は直近のNova社・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一

カナダ・Imperial Metals社、bcMetals社へのTOBの取り下げを検討

 在バンクーバーの産銅中堅Imperial Metals社は、10月20日、カナダのベースメタル探鉱企業bcMetalsに対する敵対的TOBを取り下げるよう検討していると発表した。Imperial Metals社はbcMetalsの株式を一株当たり0.95C$の全額現金にて買い上げる買収提案を9月8日に一方的に発表して・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
宮武修一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ