閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 小嶋吉広

ケニア:監査の結果、不適切なライセンス発給が発覚

 2013年10月5日付けメディア報道によれば、ケニア政府は現在、本年1月~5月までに発給されたライセンスの監査を行っているところであるが、この度発表された中間報告によれば、対象となった43ライセンスのうち15件について手続き上の瑕疵が見つかった。瑕疵が指摘されたケースとしては、排他的探査権申請に当たっては非排他的探査・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア:ライセンス一部無効措置に対し、弁護士事務所は補償請求の可能性を示唆

 2013年9月2日付けメディア報道によれば、ケニア政府は先月、2013年1月14日から5月15日までに発行された探鉱ライセンス/採掘ライセンスの無効と、ロイヤルティ引き上げ(レアアース、チタン、ニオブの場合3%から10%へ)を行ったが、これに対し国際弁護士事務所はケニア政府への補償請求も可能であるとコメントしている。・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア:ロイヤルティ引き上げとライセンスの一部無効を発表

 2013年8月6日付けメディア報道によれば、ケニア政府は本年1月から5月までに発行した探鉱ライセンスと採掘ライセンスを無効とするとともに、ロイヤルティを引き上げることを発表した。無効となるライセンスは当該期間に発給された30件であり、無効の理由としてBalala鉱業省長官は、発給手続きに瑕疵があったことを挙げている。・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア: 国営鉱山会社設立を検討

 2013年5月26日付けメディア報道によれば、ケニア政府は現在検討中の鉱業法改正案において国営鉱山会社の設立を盛り込む見込みである。現行鉱業法は1940年に制定されたものであり、鉱業振興による経済成長促進と政府の歳入確保の観点から、新たに国営鉱山会社を設立し、最大35%の権益を保有できるようにする。また改正案では、ラ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア:Kwaleミネラルサンド・プロジェクトの建設費が増加

 豪ジュニアBase Resources社の2012年9月24日付けニュースリリースによれば、同社が東部モンバサ周辺で開発中のKwaleミネラルサンド・プロジェクト(鉱種:ルチル、イルメナイト)に関し、建設費が当初想定よりも14%増加し、298百万US$となる見込みであるとのこと。建設費増加の原因は設計の見直しと労務費・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア:Kwaleミネラルサンド・プロジェクトは2013年Q3に生産開始予定

 豪ジュニアのBase Resources社(本社:パース)が東部モンバサ周辺で現在開発中のKwaleミネラルサンド・プロジェクト(対象鉱種:ルチル、イルメナイト)は、ケニア初の鉱物資源プロジェクトとして期待が高まっており、生産開始は2013年Q3になる予定であると2012年8月17日付けでメディアは報じている。本プロ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

ケニア:KWaleミネラルサンドプロジェクトは2013年生産開始予定

 Base Resources Ltd.(本社:豪州パース、ASX上場)は、ケニア東部にて開発予定の、チタン及びジルコニウムをターゲットとしたKWaleミネラルサンド・プロジェクトに関し、162.3百万US$の開発資金を資本市場において調達したことを明らかにした。2011年10月より建設が進められ、2013年Q3に生産・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ