閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 小嶋吉広

モザンビーク:Rio Tinto、安全確保のため駐在員に対し避難勧告

 2013年11月1日付けメディア報道によれば、Rio Tintoはモザンビークに駐在する社員及びその家族に対し、安全確保のための避難勧告を2013年10月30日に発した。モザンビークでは10月21日に、内戦時の反政府勢力で現野党のモザンビーク民族抵抗運動(RENAMO)が、1991年の内戦終結和平協定を一方的に破棄。・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Tete鉄鉱石プロジェクトに係る電力調査を電力公社と共同実施

 Baobab Resources Plc.の2013年10月11日付け及び24日付けニュースリリースによれば、Tete州にて現在F/S中のTete鉄鉱石採鉱・銑鉄プロジェクトに関し、操業に必要な電力供給に係る調査をモザンビーク電力公社(EDM)と共同で行うことを発表した。調査は電源や電力供給体制の検討の他、料金水準の・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:豪ジュニア企業がグラファイトの権益を追加取得

 豪ジュニアTriton Minerals(ASX上場)が2013年8月6日付けで発表したニュースリリースによれば、同社は北部Cabo Delgato州でグラファイトの権益を保有する現地企業(Mineral Stream LTD.)を買収したことを明かにした。Triton Minerals社は既に同州で8区画の鉱区を保・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:豪州と資源開発分野での協力協定を締結

 2013年3月29日付けメディア報道によれば、豪州を訪問していたGuebuza大統領は豪政府との間で鉱物資源分野での協力協定(MOU)を締結した。協定は、Guebuza大統領と豪Gillard首相立ち会いの下、モザンビーク側Baloi対外貿易・協力大臣、豪州側Marles外務次官によって署名され、鉱物資源分野での両国・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Momaチタンプロジェクト、生産拡大に向けたFSを検討

 メディア報道によれば、Kenmare Resources社(本社:ダブリン)が操業を行うMomaチタンプロジェクトは最近のチタン価格上昇を受け、生産拡大に向けたFS実施を検討している模様である。同プロジェクトは、2012年内を目途にイルメナイト1,200千t/年、ジルコン75千t、ルチル21千t/年にまで生産を拡大さ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:環境大臣、ザンベジ川を用いた石炭鉱石の運搬計画を承認しない意向

 Riversdale Mining社(Rio Tintoが2011年6月に完全子会社化)はモザンビーク北西部Tete州でBenga石炭プロジェクトを現在開発中であり、鉱石の搬出に関しザンベジ川を用いたバージ運搬船方式で検討を行っている。2012年3月1日付けのメディア報道によれば、Zucula運輸大臣は、Rivers・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Moatize石炭鉱山で現地住民が鉄道を一時占拠

 ValeがモザンビークTete州にて操業中のMoatize石炭鉱山に関し、鉱山操業に反対する近隣住民約500人が抗議活動を起こし、山元からBeira港まで石炭を輸送する鉄道(Sena線)において貨車の通行を妨害する事件が2012年1月10日に発生した。住民による妨害活動は警察によって鎮圧されたが、住民14名が逮捕され・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Globe Metals社、バナジウム・チタン探鉱を拡大

 Globe Metals & Mining社(ASX上場、本社:パース)は、モザンビーク北部のNampula州に位置するMembaバナジウム・チタン・鉄鉱床の5鉱区(約1,000 km2)に関し、最大90%の権益を取得できるオプション契約をSiexpo社(モザンビーク)と締結したと自社のwebサイトで発表した。同社は・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン バナジウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Tete鉄鉱石・チタンプロジェクト、2012年にプレFS開始予定

 モザンビークを中心に探鉱を行うBaobab Resources社(本社:豪Fremantle)は同国北西部のTete州にてTete鉄鉱石・チタンプロジェクトの探鉱を行っている。今後開発に至った場合、開発費用として500~750百万US$が必要とされていることから、まずは2012年のプレFS開始に向け資金面でのパートナ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル チタン 鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Guebuza大統領、Rio Tinto新規石炭鉱山の輸送インフラに理解

 メディア報道によるとモザンビークのGuebuza大統領は先月豪州を訪問した際、Rio Tinto幹部と会談し、Riversdale Mining社(Rio Tintoが2011年6月に完全子会社化)がモザンビーク北西部のTete州で手がけるBenga石炭プロジェクト(2011年末までに生産開始予定・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Moatize石炭鉱山、生産拡張に向け新たな電源を確保

 メディア報道によると、モザンビーク北西部Tete州においてValeが2011年5月に操業を開始したMoatize石炭鉱山に関し、生産能力を1,100万t/年から2,000万t/年へ拡大させるため、新たに首都マプートからの電力供給を受けることとなった。 現在はCahora Bassa水力発電所から供給される10 MWで・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Valeによるリン鉱石プロジェクトの進捗とインフラ整備

 メディア報道によると、ValeがモザンビークNampula州においてプレFS中のEvateリン鉱石プロジェクトの、モザンビーク政府へのFS結果の提出は、2012年になる見込みである。 本プロジェクトは、南アジア及び東南アジア向けに肥料用に年産200万tのリン鉱石の開発を目指すもので、30億US$規模の投資となる見込み・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:鉱業法改正に向け政府内で検討中

 メディア報道によるとモザンビーク政府は、マイニングプロジェクトのうち戦略的分野(Strategic Sector)に位置付けられるものについては、政府が権益を取得できるよう現行鉱業法の改定を検討している。プロジェクトへの政府の参画については南アやボツワナ、ジンバブエ等で実施あるいは検討がなされているが、これまでモザン・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ