閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 小松弘希

ウクライナ:ウクライナ鉱業協会、政府の地質管理機関の権限の過度な拡大を懸念

 2021年10月4日付けの地元報道等によると、ウクライナ鉱業協会は、政府の地質管理機関の権限が過度に拡大していると指摘している。同協会のKsenia Orinchakエグゼクティブ・ディレクターは、ウクライナの新地下資源法の草案に関するオンライン会議において、「同機関が、法廷での審理を経ることなく、独自の判断で特別許・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

キルギス:エネルギー産業省、ウラン・トリウム鉱床開発の禁止に関する法律の無効化を提案

 2021年10月6日付けの地元報道等によると、エネルギー産業省が、ウラン及びトリウム鉱床の探鉱・探査・開発を目的とした地下資源の地質調査を禁止する法律の無効化を提案した。同省は、一定の条件付きで、国内での当該活動を許可する予定である。
 同条件は、政府持分が100%の企業に限り、ウラン、トリウムその他元素の採掘が許・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン ジルコニウム リン ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Baimsky銅鉱床の開発費が8.5bUS$まで増加

 2021年10月6日付けの地元報道等によると、KAZ Minerals社は、Baimsky銅プロジェクトのバンカブルFSが完了したことを発表した。
 Baimsky銅プロジェクトは、世界有数の銅資源の開発計画であるが、開発費の見積額は8.5bUS$に増加した(当初5.5bUS$だった見積額はその後7bUS$に上がり・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Sakinskaya銅・銀鉱床の入札を2021年11月19日に実施予定

 2021年10月5日付けの地元報道等によると、極東連邦管区地下資源利用局(Dalnedra)は、銅と銀の資源量を有するSakinskaya有望エリア(ザバイカリエ地方)の入札公告を行った。入札は、2021年11月19日に実施される予定。
 同エリアはKalar地区Naminga町から8km東方に位置し、予測資源量(・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:政府は2022~2024年の地質調査に対し、1,146bRUB以上を充当する見込み

 2021年10月1日付けの地元報道等によると、ロシア政府は、国家プログラム「天然資源の再生と利用」の一環として、2022~2024年の地質調査への投資に対し、合計で1,146bRUB(ロシア・ルーブル)以上を充当する見込み。
 内訳は、2022年380.1bRUB、2023年382.1bRUB、2024年384.1・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Interros社、財務省による課税措置の検討を受けてNorilsk Nickel社に減配を要求

 2021年9月30日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社(ニッケル・パラジウム生産世界最大手)の35.8%を所有するInterros社は同社に対し、投資額と配当金のバランスを保つために今後の配当金を減らすよう要求している。
 2021年の配当金について、Norilsk Nickel社は今回のIn・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Baimsky採鉱選鉱コンビナート建設への総投資額は8bUS$となる見込み

 2021年9月28日付けの地元報道等によると、Baimsky採鉱選鉱コンビナート(チュクチ自治管区)建設への総投資額は8bUS$で、ライセンス費用を除く約35bRUB(ロシア・ルーブル)を、銅生産企業KAZ Minerals社が投資を行うと同社のGeorgy Fotin業務執行取締役が伝えた。
 KAZ Miner・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:2022年以降の鉱物採取税額が決定

 2021年9月24日付けの地元報道等によると、ロシア政府と鉱山企業は、2022年からの鉱山部門の税負担増加の妥協案に合意した。課税後の税収入は年間約150bRUB(ロシア・ルーブル)となる。
 2022年から、石炭、鉄鉱石、非鉄金属鉱石、肥料の鉱物採取税(MET)が引き上げられるほか、鉄鋼については輸出価格に対する・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル リン その他 カリウム 鉄鉱石
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Eurasia Mining社、Rosgeologia社との共同プロジェクトに15mUS$を投資見込み

 2021年9月20日付けの地元報道等によると、Eurasia Mining社(パラジウム、プラチナ、ロジウム、イリジウム、金の生産企業)は、普通株式1株および新株引受権1個当たり26p(ペンス、2021年9月17日のEurasia Mining社普通株式の終値中間市場価格)で、新規普通株式41,551,563株及び4・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Ufaleynickel社、Serovニッケル鉱山を競売へ

 2021年9月22日付けの地元報道等によると、廃業したVerkhny Ufaley市の中心的企業Ufaleynickel社が所有するSerovニッケル鉱山の資産が競売にかけられている。資産価値は、現在、201mRUB(ロシア・ルーブル)である。
 同鉱山はスヴェルドロフスク州Serov地区に所在し、かつては2つの製・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Udokan銅鉱床の採鉱製錬コンビナート向けの電力供給用変電所が建設完了

 2021年9月22日付けの地元報道等によると、ザバイカリエ地方のUdokan採鉱製錬コンビナート(Udokan Copper社)への電力供給用変電所の建設が完了した。
 Bluzhdayushchy 220/35/10kV変電所(出力452MW)は、Udokan銅鉱床(ザバイカリエ地方Kalarsky地区)近傍に位・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Rosatom社傘下Dalur社、Khokhlovskoe鉱床でのデジタル技術を活用したウラン採掘を開始

 2021年9月21日付けの地元報道等によると、Dalur社(Rosatom社鉱業部門のARMZ Uranium Holding社傘下)は、Khokhlovskoe鉱床(クルガン州Shumikhinsky地区)においてデジタル技術を活用したウラン採掘を開始した。
 具体的には、In Situ Leaching(ISL・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:経済発展省、政府サービスポータルによる地下資源利用ライセンス交付を提案

 2021年9月17日付けの地元報道等によると、経済発展省は、政府サービスポータルを通じたライセンス交付に参加する政府関係省庁を増やす試みの一環で、連邦地下資源利用庁(Rosnedra)を対象に加えることを提案している。
 政府決定草案によると、当該ポータルを通じて地下資源利用ライセンスを取得できるようになる。Ros・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:鉱物採取税の引き上げにより、Norilsk Nickel社が最も影響を受ける可能性

 2021年9月14日付けの地元報道等によると、2022~2024年の主要税政策の最新案である「2022年及び2023~2024年の計画期間における予算・税・関税政策の基本方針」草案において、財務省が検討している鉱物採取税(MET)を3倍増にする計画により、Norilisk Nickel社が影響を受ける可能性が高い。金・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:天然資源環境省、鉱業ライセンス取得期間を257日から120日に短縮の可能性を示唆

 2021年9月15日付けの地元報道等によると、ロシアにおける鉱業ライセンスの取得に要する期間が257日から120日へと半分以下に短縮される可能性がある。Alexander Kozlov天然資源環境相が9月15日に開催された環境福祉フォーラムで述べた。
 他方で、同相は、連邦自然利用分野監督局(Rosprirodna・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:財務省、製錬業に対する鉱物抽出税について収益の3~5%への引き上げを提案

 2021年9月14日付けの地元報道等によると、製錬企業に対する鉱物抽出税が約3倍、収益の3~5%となる可能性がある。同指針は、財務省が作成した「2022年及び2023~2024年の計画期間における予算・税・関税政策の基本方針」草案に示されている。アナリストによると、同シナリオにおける業界の税負担は年間100bRUB(・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Rosgeologia社、固体鉱物探査向け政府資金を10bRUBに倍増する必要ありと主張

 2021年9月13日付けの地元報道等によると、国営地質探査会社Rosgeologia社のSergey Gorkov社長は、固体鉱物探査向けの政府資金を現在の年間5bRUB(ロシア・ルーブル)から倍増させる必要があると述べた。
 同氏によると、2021年の固体鉱物探査の政府契約総額は、前年比ほぼ横ばいの5bRUB弱と・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ