閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 栗原政臣

ナミビア:鉱山エネルギー省、既存の資源会社の株式を取得することはないと発表

 2023年6月1日付けメディアによると、鉱山エネルギー省は同日、国内の既操業鉱山及び石油生産者の少数株式取得は検討していないと発表した。本件に先立ち、Tom Alweendo鉱山エネルギー大臣が同年5月29日に国会議員に対して、ナミビアは鉱物資源からより多くの価値を得るために資源会社の株式取得を目指すと述べた、との報・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

タンザニア:豪EcoGraf社と韓POSCO社、タンザニアで鉱物資源チェーン構築の協力協定締結

 2023年5月31日付けメディアによると、豪EcoGraf社は、韓POSCO社と、タンザニアにおける電池用負極材のサプライチェーン構築の可能性について、拘束力のない協力協定に調印した。両社は、生産開始から最初の10年間において、電池用負極材製品の販売と購入に関する最終的な取り決めを締結することで合意した。初年度、Ec・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:EU、アフリカ諸国と重要鉱物に関する取引を模索

 2023年5月31日付けメディアによると、欧州連合(EU)は重要な原材料の供給を補強するために、電池用鉱物の主要供給国であるDRコンゴと交渉中であり、他のアフリカ諸国との協議を目指していると発表した。重要鉱物サプライチェーンにおける中国依存を軽減する取組みの一環として、EUは重要原材料法案において、代替供給源を開発す・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ジンバブエ:電池用リチウムの国内生産を鉱山会社に要請

 2023年6月1日付けメディアによると、ジンバブエのWinston Chitando鉱山大臣は同年5月30日、国内で操業しているリチウム鉱山会社に対し電池用リチウムの現地生産に向けた取り組みを求め、将来的なリチウム精鉱輸出への課税の可能性について言及した。ジンバブエはリチウムが同国経済の回復に寄与することを期待してい・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:鉄鉱石輸出用鉄道が電力ケーブル盗難のため運休に

 2023年6月1日付けメディアによると、南ア北Cape州にある鉄鉱石ハブと同国の西海岸地域を結ぶ鉄道が、電力ケーブルの盗難のため運休となった。当該鉄道は同州に位置するKumba Iron Ore社のSishen鉄鉱石鉱山やその他の操業鉱山からSaldanha港への鉄鉱石やマンガン運搬に用いられており、全長は86kmで・・・ 続きを読む
鉱種:
マンガン 鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

マリ:豪Leo Lithium社、中Ganfeng Lithium社と出資・協力協定に調印

 2023年5月29日付けメディアによると、豪Leo Lithium社は、中Ganfeng Lithium社(贛峰鋰業股份有限公司)と106mA$の株式保有及び協力に係る合意を締結した。
 今回の合意では、Ganfeng Lithium社がLeo Lithium社の株式9.9%を取得、1株当たり81¢で131百万株を・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:鉱業を巡る紛争のなか、中国とDRコンゴの大統領が北京で会談

 2023年5月29日付けメディアによると、中国の習近平国家主席は、DRコンゴのFelix Tshisekedi大統領と同月26日に北京で会談した。両国は数10bUS$規模の貿易に相当するパートナーシップの再開を模索している。中国国営放送CCTVによれば、両国は、鉱業における協力関係を定期的に見直し、「友好的な交渉」を・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ナミビア:政府、鉱山・石油会社への出資を検討

 2023年5月30日付けメディアによると、ナミビア政府は、鉱山会社及び石油生産会社への出資を検討している。Tom Alweendo鉱山エネルギー大臣は、同月29日に国会議員に対し「天然資源の所有権を持つ国がまず地域における所有権を持つべき」とし、「国家が全ての鉱山会社及び石油生産会社における最低限の持分比率を所有し、・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

アンゴラ・DRコンゴ・ザンビア:米国の投資がLobito回廊鉄道の経済成長を促進

 2023年5月22日付けメディアによると、広島で開催されたグローバルインフラ投資パートナーシップ(PGII)会合において、米Joe Biden大統領によりLobito回廊鉄道への米国の投資が発表された。Biden大統領は、既に30bUS$以上を投資しており、その努力を促進することにコミットしていることを明らかにした。・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年のコバルト生産量が世界1位、供給量は73%を占める

 2023年5月22日付けメディアによると、Cobalt Instituteの調査においてDRコンゴは2022年コバルト生産国ランキングで第1位となり、世界の総供給量の73%を生産し、コバルトの世界生産を支配している。ランキング上位のアフリカの国はDRコンゴだけではない。マダガスカルは2022年の第2位となり、アフリカ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ボツワナ:豪Sandfire社、Motheo銅鉱山で初の精鉱を生産

 2023年5月25日付けメディアによると、豪Sandfire Resources社は、ボツワナMotheo銅鉱山において最初の銅精鉱を生産した。同社は同日、株主に対し、鉱山の建設がほぼ完了し、3.2百万t/年の初期生産能力に対する設備のコミッショニングが92%以上完了したと発表した。T3ピットの露天採掘は予定どおり進・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ボツワナ・DRコンゴ:ビジネスフォーラムにおいて経済関係の強化を約束

 2023年5月18日付けメディアによると、ボツワナとDRコンゴは、同月11日にボツワナの首都Gaboroneで開催された「ボツワナ・DRコンゴ・ビジネスフォーラム」において、貿易機会を探求し、経済関係を強化することを決定した。このプラットフォームは、両国の起業家や投資家に対し、ビジネス機会や潜在的なパートナーシップを・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:鉱区管理システム入札の受注契約、2023年7月に締結予定

 2023年5月23日付けメディアによると、鉱物資源エネルギー省(DMRE)のコーポレートサービス部門長代理のHilda Mlhongo氏は、国会で開かれた鉱物資源エネルギー・ポートフォリオ委員会で、長年待ち望まれていた新しい鉱区管理システムの契約が2023年7月に締結される見通しだと明らかにした。鉱区管理システムの入・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:Mantashe鉱物資源エネルギー大臣、2023年7月から探鉱ファンド提供を表明

 2023年5月16日付けメディアによると、同日Gwede Mantashe鉱物資源エネルギー大臣は国会で、2023年7月から500mZAR(南ア・ランド:約25.5mUS$)相当の鉱物探鉱ファンドが利用可能になると述べた。Mantashe大臣は、南アがFraser Instituteの世界鉱業投資ランキングで最悪の位・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

アンゴラ・ザンビア・DRコンゴ:英Pensana社、Lobito回廊のクリティカルミネラル鉄道としての可能性を強調

 2023年2月13日付けメディアによると、英Pensana社は、アンゴラ、ザンビア、DRコンゴが、地域の資源の輸送方法を変える可能性のある貿易回廊を作るために大きな一歩を踏み出したと発表した。3か国の運輸大臣は、大西洋に面したアンゴラのLobito港と各国の鉱山を結ぶLobito回廊を共同で管理する協定に署名した。こ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト レアアース/希土類 その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年にタンタル精鉱2,220t、79mUS$相当を輸出

 2023年2月14日付けメディアによると、DRコンゴ鉱山省のデータでは、DRコンゴは2022年に2,220tのタンタル精鉱を輸出し、その額は79.1mUS$相当であった。DRコンゴが輸出するタンタルの約50%はNorth Kivu州からのものであり、1,080tが58mUS$の市場価値で輸出されている。その他の州では・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年の銅生産量、2.5百万t超

 2023年2月14日付けメディアによると、DRコンゴ鉱山省による報告書では、同国の2022年銅生産実績は2.5百万tであった。同省によると、2021年の銅の生産量は約1.7百万tと推定されており、2022年は顕著に増加した結果となった。また同省によれば、銅輸出量は2021年の1.7百万tに対して、2022年は2.3百・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年のコバルト生産量、115千t

 2023年2月14日付けメディアによると、DRコンゴ鉱山省が公表した公式統計データでは、同国の2022年コバルト生産量は115,371.31tとなった。この生産量は、約93,010.53tと推定されていた2021年を上回る結果である。DRコンゴは世界のコバルト埋蔵量の64%を保有している。
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:2022年の銅生産量、目標を下回る約760千t

 2023年2月17日付けメディアによると、ザンビアの2022年の銅生産量は763,287tとなり2021年の800,696tから5%減(37,409t減)であった。ザンビアにおいては、Mopani Copper Mines(MCM)社とKonkola Copper Mines(KCM)社における生産課題と短期的な資金・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年の錫輸出量が33千tと急増、428.8mUS$を販売

 2023年2月12日付けメディアによると、DRコンゴ鉱業省の統計による2022年の錫輸出量は32,854tで、推定市場価格は428.8mUS$であった。このうち、24,307tは工業規模採掘によるもので、約318.9mUS$の収益を上げた。零細採掘については、8,546tを輸出し、109.8mUS$の収益を上げた。D・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ