閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:Mutoshi銅・コバルト鉱山開発に係るファイナンス・マーケティング契約が締結される

 2022年1月19日付け資源系商社Trafigura社の発表によると、DRコンゴにおける銅・コバルト生産者Shalina Resources社及びその子会社Chemaf社と、ファイナンス及びマーケティング契約を締結した。Chemaf社は、本契約により600mUS$のファイナンスを受けることで、同社が所有するMutos・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:加First Quantum社、Kansanshi・Sentinel銅鉱山の今後3年間の生産見通しを発表

 2022年1月17日付けにて、銅生産者の加First Quantum社は、2021年の生産実績と今後3年間の見通しを発表した。同社の2021年生産実績である銅量816千t/年(前年比5%増)は、パナマのCobre Panama銅鉱山での生産量増加が大きく貢献した。また、同社がザンビアにて操業するKansanhi銅鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、PGM中堅RBPlat社株式の追加取得の提案を発表

 2022年1月17日付けにて、南アPGMメジャー生産者のImpala Platinum(Implats)社は、中堅PGM生産者のRoyal Bafokeng Platinum(RBPlat)社への具体的な買収提案を公表した。Implats社は、2021年12月中旬時点でRBPlat社の約35%の株式を保有しており、今・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Glencore-Merafe JV、PGM回収プラントの建設に合意

 2022年1月14日付けメディアによると、南ア・フェロクロム生産者であるMerafe Resources社はGlencoreとの間で、新たなPGM生産プラント建設に関し合意に達した。同プラントにおいて、Glencore-Merafe JVが操業するクロム鉱山(西リム)において採掘された鉱石や尾鉱からPGM含有鉱物を回・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Momaチタン・ミネラルサンド鉱山、2021年の記録的な生産量を発表

 2022年1月13日付け英Kenmare Resource社の発表によると、同社所有のMomaミネラルサンド鉱山(モザンビーク北部)における2021年のイルメナイト生産は過去最高の1,119千t/年(前年比48%増)であった。2020年に集鉱施設を移設したPilivili鉱床における高品位鉱石の採掘に起因する。202・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド チタン イルメナイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula銅鉱山、2022年の生産見通しを銅量290~340千tと設定

 2022年1月10日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、同社は、DRコンゴにて操業するKamoa-Kakula銅鉱山の2022年の年産見通しを銅量290~340千tと設定した。同鉱山は2021年に操業を開始して年産銅量106千tの実績を上げ、2021年の見通しとしていた92.5~100千tを上回った。現・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:浙江華友コバルト業、Arcadiaリチウム鉱山を買収

 2021年12月23日付け報道によると、浙江華友コバルト業股分有限公司(以下、華友コバルト業)は、子会社である剛果東方国際鉱業(CDM)を通じて、422mUS$でジンバブエArcadiaリチウム鉱山を買収すると発表した。
 本鉱山は現在、Prospect Lithium Zimbabwe社(権益比率:豪Prospe・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:Orion社が銅探鉱中のOkiep地域にて新規鉱体を捕捉

 2022年1月11日付け豪Orion Minerals社は、同社が南アNorthern Cape州Okiep地域銅探鉱プロジェクトにて実施中のボーリングにて新規鉱体への着鉱を報告した。同地域の一部であるKoperberg West地区等にて16孔1,900mのDDボーリングを実施中のところ、既知鉱床の下部から外れた位・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Kabanga硫化ニッケル鉱床開発にBHPが出資

 2022年1月10日付け英Kabanga Nickel社の発表によると、同社がタンザニアに所有するKabanga硫化ニッケル鉱床の開発にBHPが40mUS$を出資し、Kabanga Nickel社の8.9%シェアを取得する。またBHPは、同鉱床開発に適用される湿式製錬技術の開発(英Lifezone社が開発中)に10m・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Kombat銅鉱山再開発プロジェクト、最初の精鉱生産を開始

 2022年1月5日付け加Trigon Metals社の発表によると、ナミビア北部Otavi地域に位置するKombat銅鉱山(同社80%権益取得)は精鉱生産を開始した。同鉱山は1962~2008年にかけて操業実績があったところ、同社が再開発を進め、予定通り2021年末までの生産開始を果たした。2022年1月には銅精鉱の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加・DRコンゴ:Electra Battery Materials社、Glencoreとコバルトの長期委託処理契約を締結

 加Electra Battery Materials社(旧First Cobalt社)は、2021年12月30日付けプレスリリースによれば、Glencoreとの間でコバルトに関する5年間の委託処理契約を締結した。Glencoreは、Electra Battery Materials社が2022年Q4から再開を計画する・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

マリ:Goulaminaリチウム鉱床開発プロジェクトのFIDを発表

 2022年1月4日付け豪Firefinch社の発表によると、同社と中・贛鋒リチウム業社(Ganfeng Lithium)は、両社のJV事業であるマリGoulaminaリチウム鉱床開発プロジェクトについて、最終投資決定(FID)を行った。2021年12月に更新を完了したDFSが良好であったこと(post-tax NPV・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

米・モザンビーク:豪Syrah Resources社、米Tesla社と黒鉛アノード材料のオフテイク契約を締結

 モザンビークでBalamaグラファイト鉱山を操業する豪Syrah Resources社は、2021年12月23日付けプレスリリースの中で、米大手電気自動車(EV)メーカーのTesla社と黒鉛アノード材料のオフテイク契約を締結したことを発表した。米LA州Vidaliaにある同社の工場から生産されるアノード材料の大半につ・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

南ア:PGM中堅生産者ARM社、休止中のBokoni PGM鉱山を買収

 2021年12月20日付け南アPGM生産者African Rainbow Minerals(ARM)社の発表によると、同社は、南アAmplats社及びAtlatsa Resources社(BEEオペレーター)が所有する休止中のBokoni PGM鉱山を現金3.5bZAR(南ア・ランド、約222mUS$)で買収した。同・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウィ:豪Sovereign Metals社、Kasiyaルチル・グラファイト鉱床にてScoping Studyを実施

 2021年12月16日付け豪ジュニアSovereign Metals社の発表によると、同社がマラウィに所有するKasiyaルチル・グラファイト鉱床についてScoping Studyを公表した。未開発のルチル鉱床としては世界最大規模であり、概測鉱物資源量は304百万t(品位:TiO2 1.02%)、予測鉱物資源量は30・・・ 続きを読む
鉱種:
ルチル グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国営企業大臣、国有電力会社Eskom所有の土地利用など、民間電力事業の促進に取り組む

 2021年12月15日付けメディアによると、南ア国営企業省大臣Pravin Gordhan氏は、国有電力会社EskomがMpumalanga州の石炭地帯に所有する36千haの土地の一部を、再生可能エネルギーでの発電を行う独立系電力事業者に提供する。また、再エネ事業が集中するEastern Cape州やNorthern・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:Zuluリチウム・タンタル鉱床開発のDFSのため800k£を資金調達

 2021年12月14日付け英Premier African Minerals社の発表によると、同社はジンバブエにおけるZuluリチウム・タンタル鉱床のDFSを進めるべく、普通株式の発行により800k£の資金調達を行う。調査地域では2,000m以上の大口径ボーリングの掘削を完了し、地質状況の分析が進む。また、このサンプ・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:Arcadiaリチウム鉱床のFS見直しにより、段階的開発から1ステージでの開発へ

 2021年12月14日付け豪ジュニアProspect Resources社の発表によると、同社はジンバブエのArcadiaリチウム鉱床の開発に向けてFSの見直しを行った。2021年10月に策定したFSでは、2.4百万t/年の処理能力を2ステージに分けて段階的に開発する計画であったが、今回の見直しにより2.4百万t/年・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウィ:Songwe Hillレアアース鉱床の湿式製錬パイロット試験が最終段階に入る

 2021年12月14日付け英・加Mkango Resources社の発表によると、マラウィSongwe Hillレアアース鉱床開発のための湿式製錬パイロット試験が最終段階に入った。浮遊試験は2021年初めに成功しており、その精鉱を使った製錬試験になる。湿式製錬のプロセスフローはFSにとって不可欠な部分であり、本試験は・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Pilanesburg PGM鉱山の拡張とKell湿式製錬プロセスの導入進捗

 2021年12月13日付けメディアによると、南アSedibelo Platinum Mines社は、同社がPilanesberg PGM鉱山(Johannesburg西207kmに位置)に導入予定のKell湿式製錬プロセスについて、エンジニアリングデザインを完成させ、設置場所の準備を行い、2022年初めには建設を開始・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ